close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

秋野菜と鶏肉、えびの塩治部煮

野菜を下ごしらえしておくので、煮る時間はわずか。ひと口でいろんな味が楽しめるよう、材料をころころに切ります。

料理:

撮影: 平良 耕、山下裕司(クラッカースタジオ)

秋野菜と鶏肉、えびの塩治部煮

材料 (4人分)

  • 里いも(小) 5個
  • なす 1~2個
  • 鶏もも肉 150g
  • えび(ブラックタイガー) 4本
  • 根三つ葉 3株
  • (なければ三つ葉 6本)
  • みょうが 4個
  • 煮汁
  •   だし汁 560ml
  •   酒 大さじ4
  •   塩(自然塩) 小さじ1
  •   薄口しょうゆ 大さじ1/3
  • 米 ひとつまみ
  • サラダ油 片栗粉 

作り方

  • <b>主材料をころころに切る</b>
里いもは皮をむき、1.5cm角に切る。なすはへたを取って2cm角に、鶏肉は余分な脂を取り除き、2~3cm四方に切る。えびは殻と尾を除いて幅2cmに切る。みょうがはせん切りに、根三つ葉はざく切りにする。

    主材料をころころに切る
    里いもは皮をむき、1.5cm角に切る。なすはへたを取って2cm角に、鶏肉は余分な脂を取り除き、2~3cm四方に切る。えびは殻と尾を除いて幅2cmに切る。みょうがはせん切りに、根三つ葉はざく切りにする。

  • <b>里いもを下ゆでする</b>
鍋にたっぷりの湯を沸かし、米と里いもを入れて中火で10~12分ほど下ゆでする。米を入れると里いものアクとぬめりが取れやすくなる。吹きこぼれないようにしてゆで、流水で洗って水けをきる。

    里いもを下ゆでする
    鍋にたっぷりの湯を沸かし、米と里いもを入れて中火で10~12分ほど下ゆでする。米を入れると里いものアクとぬめりが取れやすくなる。吹きこぼれないようにしてゆで、流水で洗って水けをきる。

  • <b>なすを揚げ焼きする</b>
フライパンにサラダ油大さじ2を中火で熱し、なすを入れて油をからめるように炒める。
なすと油は相性がいいので、このひと手間で煮ものの味がアップする。全体がややしんなりしたら取り出しておく。

    なすを揚げ焼きする
    フライパンにサラダ油大さじ2を中火で熱し、なすを入れて油をからめるように炒める。
    なすと油は相性がいいので、このひと手間で煮ものの味がアップする。全体がややしんなりしたら取り出しておく。

  • <b>鶏肉とえびに片栗粉をまぶす</b>
ボールに鶏肉とえびを入れ、片栗粉適宜をまぶしつける。全体にまんべんなく片栗粉がついた状態がベスト。

    鶏肉とえびに片栗粉をまぶす
    ボールに鶏肉とえびを入れ、片栗粉適宜をまぶしつける。全体にまんべんなく片栗粉がついた状態がベスト。

  • <b>煮汁に鶏肉とえびを入れる</b>
鍋にだし汁を中火で熱し、酒、塩、薄口しょうゆを入れて調味する。鶏肉とえびを入れ、肉に火が通るまで4~5分煮る。

    煮汁に鶏肉とえびを入れる
    鍋にだし汁を中火で熱し、酒、塩、薄口しょうゆを入れて調味する。鶏肉とえびを入れ、肉に火が通るまで4~5分煮る。

  • <b>里いも、なすを加えてひと煮する</b>
続けて里いも、なすを入れ、中火で2分ほど煮る。途中でアクが出てきたらすくい取り、みょうが、根三つ葉(ともに飾り用にひとつまみとっておく)を加えてざっと混ぜ、火を止める。汁ごと器に盛り、とっておいたみょうが、根三つ葉をのせる。

    里いも、なすを加えてひと煮する
    続けて里いも、なすを入れ、中火で2分ほど煮る。途中でアクが出てきたらすくい取り、みょうが、根三つ葉(ともに飾り用にひとつまみとっておく)を加えてざっと混ぜ、火を止める。汁ごと器に盛り、とっておいたみょうが、根三つ葉をのせる。

塩治部煮が残ったら、翌日はカレーうどん! うまみたっぷりの塩治部煮にだし汁をたして温め、市販のカレールウを溶くだけで、おいしいカレースープになります。ゆでたうどんを入れて温めれば、手軽なランチにも。だし汁、カレールウは残っている汁の量に合わせて適宜加えてください。

レシピ掲載日: 2011.10.11

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

鶏もも肉を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年10月19日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す