close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

ぶりの照り焼き

酒を加えたたれに漬けてから焼くので、ぶりの臭みがとれて、風味よく仕上がります。

料理:

撮影: 尾田学

ぶりの照り焼き

材料 (4人分)

  • ぶりの切り身 4切れ 
  • たれ(下記参照) 
  • つけ合わせ
  •  はじかみしょうが 4本
  •  大根おろし 適宜
  • サラダ油
  • たれの割合(ぶりの切り身4切れ分)
  •  しょうゆ 大さじ4
  •  酒 大さじ2
  •  みりん 大さじ1
  •  砂糖 大さじ1/2 

熱量 269kcal(1人分) 塩分 2.9g(1人分)

作り方

  • ぶりはペーパータオルなどでかるく押さえて、水けや血を拭き取る。バットにたれの材料を合わせてぶりを重ならないように並べ入れ、ときどき裏返しながら30~40分漬け込む。

  • 2切れずつ焼く。フライパンを中火にかけ、ペーパータオルなどにサラダ油をしみ込ませて薄くひき、ぶり2切れの汁けをきって並べ入れる。

  • 2~3分焼いて、表面が白っぽくなったら裏返し、火を弱めて4~5分焼く。

  • たれの1/2量を回しかけて火を強め、焦げつかないようにフライパンを揺すりながら、全体にからめる。たれの泡が細かくなり、うっすらと残るくらいになったら火を止める。皿に盛り、はじかみしょうがと大根おろしを添える。残りも同様に作る。
    (1人分269kcal 、塩分2.9g)

    ●魚を照り焼きにするとき、たれに必ず加えたいのが酒。特に、ぶりのような赤身の魚は臭みが強いので、30分ほどたれに漬け込んで、臭みを取ってから焼きます。ぶり自体に脂が多く、こくのある味なので、たれは甘みを控えてしょうゆの風味を引き立て、きりっと辛口の割合にします。

レシピ掲載日: 1998.7.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

ぶりを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年10月20日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す