close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

焼き餃子

皮はカリッ、中はジュワッとうまみが出るような柔らかさがおいしい餃子。定番のレシピで絶品の味を!

料理:

撮影: 尾田学

焼き餃子

材料 (20個分)

  • 豚ひき肉 80g
  • むきえび 80g
  • キャベツの葉(大) 4枚(約200g)
  • ねぎ 1/2本
  • 溶き卵 1/2個分
  • 市販の餃子の皮 20枚
  • パセリ 適宜
  • 溶き辛子 適宜
  • 塩 
  • しょうゆ 
  • ごま油 
  • 片栗粉 
  • 小麦粉 
  • サラダ油  

熱量 267kcal(1/4量) 塩分 2g(1/4量)

作り方

  • キャベツとねぎはみじん切りにしてボールに入れ、塩少々を加えて混ぜる。10分ほどおいて、しんなりとしたら水けを絞る。えびは背に竹串を刺して背わたを取り、細かく刻む。

  • ボールにひき肉とえびを入れ、手でざっと混ぜ合わせる。キャベツとねぎを入れ、しょうゆ、ごま油各大さじ2と、溶き卵を加えて手で練るようにしてよく混ぜる。ひき肉の粒がなくなるくらいになればOK。

  • 餃子の皮を1枚ずつ手のひらにのせ、真ん中より少し手前に具小さじ1~2をのせる。

  • 皮の周囲の半分に、指先で薄く水を塗る。

  • たねを包むように半分に折り、真ん中を左手の親指と人さし指でつまむ。つまんだ部分の右側の手前の皮を、右手の親指と人さし指でつまんで中心に寄せ、ひだを作る。同様にして、右側と左側に3つずつひだを作る。水が乾くとくっつきにくくなるので、手早く。

  • バットなどに片栗粉を薄く敷き、包んだ餃子を並べる。くっつかないように、間隔をあけて並べて。

  • 湯1/2カップに、小麦粉大さじ1を溶いておく。フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱する。充分に熱くなったら、餃子をぴっちりとくっつけるように並べ入れ、1~2分焼いて、底にこんがりと焼き色をつける(フライパンが小さい場合は、二度に分けて焼いて)。

  • フライパンのあいたところに、小麦粉を溶いた湯を、もう一度よくかき混ぜていっきに注ぐ。すぐにふたをして弱火にし、3~4分蒸し焼きにする。

  • チリチリという音がしてきたらふたを開け、水けがすっかりなくなっていれば、焼き上がり。

  • へらで餃子をくっついたまま取り出し、焼き色がついたほうが上になるように皿に返して盛る。パセリを添え、しょうゆと溶き辛子をつけて食べる。
    (1/4量で267kcal 、塩分2.0g)
                
    ※包んだ餃子は、冷凍保存できます。薄く片栗粉を敷いたバットなどに間隔をあけて並べ、ぴっちりとラップをかけて冷凍庫へ。2週間くらいはもちます。冷蔵庫で半解凍の状態にしてから焼いたり、揚げ餃子にしても。

レシピ掲載日: 1998.6.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

豚挽き肉を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年05月08日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 5/17号

最新号

2021年5月1日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
5/6(木)~5/17(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 美容

食材からレシピを探す