close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

ミニスコーンのフルーツ添え

料理:

撮影: 白根正治

ミニスコーンのフルーツ添え

材料 (直径3cmもの22個分)

  • 薄力粉 250g
  • グラニュー糖 50g
  • ベーキングパウダー 大さじ1
  • 塩 小さじ1/3
  • 無塩バター 60g
  • 牛乳 100cc
  • 卵黄(Mサイズ) 1個分
  • 打ち粉用強力粉(または薄力粉)
  • 表面に塗る牛乳

作り方

  • 牛乳と卵黄を混ぜ、卵液を作ります。材料はすべて(卵液を含め)、使う直前までに冷蔵庫で冷やします。天板にオーブン用シートを敷いておきます。

  • 薄力粉、グラニュー糖、塩を混ぜ、万能こし器でめん台(またはアルミホイルを敷いた調理台)の上にふるい落とします。その上にバターを置いて粉をまぶし、包丁(またはスケッパー)であずき大になるまで細かく刻みます。なるべくバターを手でさわらないように注意して。

  • バターを粉と指の腹で手早くこすり合わせ、全体が粉チーズのようなサラサラのそぼろ状になるまで細かくつぶします。途中でバターが溶けてきたら、ビニール袋などに入れ、10~15分冷蔵庫で冷やして。このひと手間が上手に焼き上げるコツ。

  • 粉類を山形にまとめてから、ドーナツ状になるように中心にくぼみを作り、卵液を中央に流し入れます。内側から山を少しずつくずしながら、粉類と卵液を混ぜ合わせて。

  • スケッパー(なければゴムべらなど)で粉類をひとつまとめながら、こねるようにして混ぜます。粉っぽさがなくなって、しっとりとしてきたらひとまとめにし、ラップで包んで冷蔵庫で30分~1時間やすませます。

  • オーブンを180~190℃に温めます。めん台に打ち粉を少々をふって生地を取り出し、生地とめん棒にもかるく打ち粉をします。めん棒で厚さ2.5cmにのばし、びんのふたなどで直径3cmに、口に粉をつけながら形抜きします。余った生地はまとめてもう一度のばし、同様に抜いて。

  • 天板に生地を5cmほど間隔をあけて並べ、表面にきれいな焼き色をつけるため、刷毛で牛乳をかるく塗ります。表面がうっすらときつね色になるまで15分ほど焼きます。

  • いちごなど季節のフルーツやジャムと、ゆるめにホイップした生クリームを添えて。

レシピ掲載日: 1998.4.2

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

牛乳を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年04月23日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 5/2号

最新号

2021年4月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
4/20(火)~5/5(水)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 健康
  • カルチャー
  • 暮らし

食材からレシピを探す