close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

えびといかの天ぷら

ころもは、上新粉と片栗粉を混ぜると軽い口当たりに。ちょっと粉っぽいくらいにさっくりと混ぜるのがコツ。

料理:

撮影: 尾田学

材料 (4人分)

  • 大正えび 4尾
  • いかの胴(大) 1ぱい分(約200g)
  • ころも
  •  薄力粉 1/2カップ
  •  上新粉 大さじ1と1/2
  •  片栗粉 大さじ1と1/2
  •  卵 1/2個
  • 天つゆ(下記参照) 適宜
  • 薄力粉
  • 揚げ油
  • 好みで大根おろし
  • おろししょうが
  • ---天つゆ材料---
  • 「作り方」参照

作り方

  • えびは、殻つきのまま背の2~3節目に竹串を刺し、背わたを引き出して取り除く。

  • 足を取り、尾の1節を残して殻をむく。尾の先を斜めに切り落とし、指でしごくようにして、尾の中の水けを出す。水けが残っていると、揚げたときにはねる原因になるので、しっかりしごき出すようにして。

  • 腹側に斜めに3~4カ所切り目を入れ、背側に反らすように、ポキンと音がするまで曲げる。こうすると筋が切れて、揚げたときに曲がらず、まっすぐ揚がる。よりきれいにまっすぐ揚げたければ、尾を開いたところから竹串を刺しても。

  • いかは薄皮をむき、長さ4cm、幅2cmに切る。それぞれ表側は縦に2本、裏側は横に4本切り目を入れる。えび、いかは、ペーパータオルなどで水けをしっかりと拭き、バットなどに並べておく。

  • 薄力粉、上新粉と片栗粉を合わせてふるっておく。卵と水を合わせて3/4カップ弱にして溶きほぐし、ボールに入れる。粉を一度に加え、菜箸で、練らないように、さっくりと混ぜ合わせる。混ぜすぎると、粘りが出てサクッと揚がらないので、少し粉っぽさが残るくらいでOK。ころもが温まってだれないように、氷を1~2個入れておく。

  • 薄力粉大さじ1くらいを、茶こしを通して、えび、いかにふるいかける。こうすると、ころもがなじみやすく、揚げたときにはがれにくくなる。鍋に揚げ油を入れて中火にかけ、高めの中温(175~180℃。ころもを落とすと、鍋底近くまで沈んですぐに浮き上がる程度)に熱する。

  • 材料を1つずつころもにくぐらせ、ボールの縁で余分なころもをきるようにして、油にそっと入れる。ときどき菜箸で上下を返しながら、ころもがからりとするまで揚げる。揚げ網にとって、立てかけるように並べ、油をきる。

    ---天つゆの作り方---
    鍋にだし汁1カップ、みりん、しょうゆ各1/4カップを合わせて中火にかける。煮立ったら火を止め、そのまま人肌にさましておく。

レシピ掲載日: 1997.7.2

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

えびを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年01月17日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 1/17号

最新号

2021年1月4日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

オレンジページメンバーズ限定

応募期間 
1/12(火)~1/25(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

食材からレシピを探す