close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

小松菜の豆乳がゆ

食欲のないときにもおすすめのやさしい味わい。梅、ザーサイ、ごま油のトッピングで味に変化をつけて楽しんで。ダイエットにも。

料理:

撮影: 岡本真直

小松菜の豆乳がゆ

材料 (2人分)

  • 鶏ささ身 1本(約50g)
  • 小松菜 1/2わ(約150g)
  • ねぎ 1/2本
  • 温かいご飯 どんぶり1杯分(約200g)
  • 豆乳(成分無調整) 1と1/2カップ
  • 梅干し 1個
  • ザーサイ(びん詰) 20g
  • 鶏ガラスープの素(顆粒) 小さじ1/2
  • 塩 酒 ごま油

熱量 306kcal(1人分) 塩分 1.4g(1人分)

作り方

  • ささ身は一口大のそぎ切りにする。塩少々をふり、酒大さじ1/2を全体にからめる。梅干しは種を取り、包丁でペースト状にたたく。ザーサイはせん切りにする。

  • 小松菜は根を切って、根元に十文字に切り込みを入れ、水を入れたボールの中で振りながら洗って汚れを落とす。水けをきって幅2~3cmに切る。ねぎは小口切りにする。

    小松菜は根を切って、根元に十文字に切り込みを入れ、水を入れたボールの中で振りながら洗って汚れを落とす。水けをきって幅2~3cmに切る。ねぎは小口切りにする。

  • 鍋に水1と1/2カップ、鶏ガラスープの素を入れて中火で煮立て、ささ身を入れる。再び煮立ったら、火を弱めてアクを取る。

    鍋に水1と1/2カップ、鶏ガラスープの素を入れて中火で煮立て、ささ身を入れる。再び煮立ったら、火を弱めてアクを取る。

  • ご飯、ねぎを加えて中火にし、煮立ったら少しずらしてふたをして、弱火で3分ほど煮る。ふたを取り、汁けが少なければ水適宜をたして、ゆるくとろみがついた状態にする。

    ご飯、ねぎを加えて中火にし、煮立ったら少しずらしてふたをして、弱火で3分ほど煮る。ふたを取り、汁けが少なければ水適宜をたして、ゆるくとろみがついた状態にする。

  • 鍋に小松菜を加えて全体を混ぜる。小松菜がしんなりとしてきたら豆乳を加え、中火で混ぜながら温める。煮立つ直前に火を止め、味をみて塩少々を加える。器に盛り、梅肉、ザーサイ、ごま油適宜を添える。

    鍋に小松菜を加えて全体を混ぜる。小松菜がしんなりとしてきたら豆乳を加え、中火で混ぜながら温める。煮立つ直前に火を止め、味をみて塩少々を加える。器に盛り、梅肉、ザーサイ、ごま油適宜を添える。

 
ごちそう疲れにしみる! いたわりヘルシーごはん
 

レシピ掲載日: 2011.1.11

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

鶏ささみを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年03月04日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 3/17号

最新号

2021年3月2日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2/24(火)~3/8(火)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 暮らし

食材からレシピを探す