close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

小あじとパプリカの南蛮あえ

カリッと揚げたあじに、ピリ辛のたれをからめて食欲をそそる一品に。生の野菜をたっぷり加えれば、味だけでなく食感にもメリハリがつきます。

料理:

撮影: 尾田学

小あじとパプリカの南蛮あえ

材料 (2人分)

  • 小あじ 10尾(約180g)
  • 万能ねぎ 6本
  • 黄パプリカ 1/2個(縦半分に切ったもの)
  • 南蛮だれ
  •  赤唐辛子の小口切り 1/2本分
  •  しょうがのすりおろし 1/2かけ分
  •  しょうゆ 大さじ3
  •  酢、みりん 各大さじ2
  • 塩 こしょう 小麦粉 サラダ油

調理時間  熱量 233kcal(1人分) 塩分 2.8g(1人分)

下準備

     
  • わた(内臓)を取る。まず、胸びれのつけ根の下あたりを、包丁の刃先で三角形に切り取ります。次に、その切り込みから菜箸の先を差し入れ、わたをかき出します。取りきれなかったわたや血のかたまりは、流水の下できれいに洗い流します。

    わた(内臓)を取る。まず、胸びれのつけ根の下あたりを、包丁の刃先で三角形に切り取ります。次に、その切り込みから菜箸の先を差し入れ、わたをかき出します。取りきれなかったわたや血のかたまりは、流水の下できれいに洗い流します。

  • ペーパータオルなどで、全体の水けをていねいに拭き取ります。腹の中に水が残っていると揚げたときにはねるので、腹の部分をペーパータオルではさんでかるくつまみ、中の水を絞り出します。

    ペーパータオルなどで、全体の水けをていねいに拭き取ります。腹の中に水が残っていると揚げたときにはねるので、腹の部分をペーパータオルではさんでかるくつまみ、中の水を絞り出します。



作り方

  • 小あじは下ごしらえをする。万能ねぎは長さ5cmに切る。パプリカはへたと種を取り、縦に幅5mmに切る。ボールに南蛮だれの材料を入れて混ぜ合わせる。

  • 小あじの両面に塩小さじ1/4、こしょう少々をふり、小麦粉を全体に薄くまぶす。フライパンにサラダ油を高さ2cmくらいまで入れて低温(160~165℃。乾いた菜箸の先を底に当てると、細い泡がゆっくりと揺れながら出る程度)に熱する。小あじを入れ、ときどき返しながら、からりとするまで4~5分揚げ、油をきる。

  • 小あじを熱いうちに南蛮だれのボールに入れ、万能ねぎ、パプリカを加える。全体をさっとあえ、器に盛る。

レシピ掲載日: 2006.4.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

あじを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年05月12日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 5/17号

最新号

2021年5月1日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
5/6(木)~5/17(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 美容

食材からレシピを探す