レシピをさがす

  1. HOME
  2. ドラマ『私の家政婦ナギサさん』コラボ
  3. 「私の家政夫ナギサさん」×オレンジページ スペシャル対談後編

2020.8.18

「私の家政夫ナギサさん」×オレンジページ スペシャル対談後編

私の家政夫ナギサさん×オレンジページ スペシャルコラボ対談

8月17日発売の『オレンジページ』では、「栗原心平さんの豚おかずSUMMER」を掲載! 現在心平さんは、TBS系火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(よる10時)で初の料理監修をされており、第6話には『オレンジページ』に掲載のレシピも登場! そんなご縁もあり、同ドラマに出演中で「料理がストレス解消」の飯尾和樹さん(ずん)と、心平さんの対談企画が実現しました!

前編はこちら
飯尾和樹

駒木坂春夫役・飯尾和樹さん(ずん)
×
料理監修・栗原心平さん
スペシャル対談〈後編〉

栗原心平

対談企画の後編では、心平さんと飯尾さんの子ども時代の料理体験のお話や、お互いに作ってあげたい料理、おすすめの料理などを語り合っていただきました。

栗原心平さん、ずん飯尾さん

――「私の家政夫ナギサさん」を通して接点が生まれたお二人ですが、小さいころからお料理に触れていたのも共通点ではないでしょうか?

飯尾和樹(以下、飯尾) うちは両親が共働きだったので、自然と作るようになって。デビューはサンドイッチでしたね。ゆで卵が作ってあって、「これはさんで食べろ」みたいな感じで(笑)。心平さんのデビュー作は何ですか?

栗原心平(以下、栗原) 小2くらいのときに作った、わらび餅だったと思います。

飯尾 わらび餅!? 僕、市販品しか食べたことないですよ!

栗原 簡単なんですよ。わらび粉を水で溶いて火にかけて練って、水にドボンと入れるだけ。

飯尾 でも、小2で「わらび餅作ってみよう」とならないですよ。やっぱり、根っからの料理好きなんですね。しかも、小2で火を使えるなんて! わが家は3、4年生のころに、ガスのつけ方のテストがあったんです。親に「よし合格!」と言われてからは、火を使った料理もするようになりました。

栗原 いい教育ですね! うちは昔、電気コイルのコンロだったので、わりと自由に使えたんですよね。

飯尾 なるほど。ただ……合格してから、急に両親の飲み会が増えまして。母親は週3でママさんバレーに行っていたんですが、料理を途中まで作って「仕上げておいて!」とブルマー姿で出ていくんですよ。幼心に「気が早いな。ジャージはかないのかな」って思っていました(笑)。

栗原 ハハハ。僕は日曜のブランチをよく作っていましたね。キャベツとコンビーフを炒めて、トーストを焼くくらいですけど。

飯尾 おしゃれ! それは自主的に?

栗原 そうですね。朝7時くらいからアニメを見ていると、おなかが減るんですよ。親が起きてから作ると長時間待つことになるので、親が起床後すぐ食べられるように両親の分も作っていました。

――そんなお二人が、お互いお料理でおもてなしをするなら何を作りますか?

ずん飯尾さん

飯尾 えっ!! 最初はソーセージか、ウインナーかな。その2つは座持ちすると、インプットされているので。あとはぶり大根ですかね。ロケで漁師さんに習ったんですよ。もし心平さんが「ん?」という顔をしたら、「大ざっぱだなぁ。漁師さんは~」と人のせいにします(笑)。デザートは、あえてわらび餅!

栗原 ぜひ、食べたいです! 僕、およばれしても「材料持ってきて!」と言われて、結局、全部作ることが多いんですよ(笑)。だから、作ってもらえるだけでうれしいです。逆におもてなしするなら……カツカレーかな。お好きだと聞いたので。僕、カレーにはじゃがいもを入れないんです。ルウに溶け出して、後半戦じゃがいもに支配される感じが好きじゃなくて。

飯尾 なるほど。あ、やっぱり僕もカレーでおもてなししようかな。カレーにまるごとキャベツを入れるレシピがあるんですよ。わが家では“キャレー”と呼ぶんですが、キャベツがくったくたになっておいしいんです。

栗原 とろける系ですね。キャベツはうまみもあるから、絶対おいしいはず。ご自分で考えられたんですか?

飯尾 そうなんです。あるとき冷蔵庫にキャベツがあるのに、間違ってもうひとつ買っちゃったんですよ。強引に消費しようと、ザクザク8等分してカレーに入れたら「あれ? おいしい!」と。心平さんのおすすめ料理はありますか?

栗原 実は最近、魚を見直していて。いわしにザッと塩をしてバットに入れ、ラップはせずに裸のまま冷蔵庫に入れておくんです。表面が乾くだけでなく、塩で中の水分が出てうまみが凝縮されるんですよ。ちょっと一夜干しっぽい感じかな。それをグリルで焼くとおいしいんです。

飯尾 いいですね。それを夕方に焼いて、日が出ているうちから飲みたい!

栗原 最高ですね!

――いいですね。そして、「私の家政夫ナギサさん」はいよいよ後半戦へ。

栗原心平さん

栗原 料理の話でいうと、ここにきて「ナギサさんはこのテンションがいいかな」とやっとつかめた感覚があって。最初のころのようなベーシックな料理にひと手間加えるレシピだとスタンダードの域を出ないと思い、最近は“レギュラーメニューになるひねり方”を考えています。たとえば、アーモンドご飯にづけのお刺し身をのっけるとか。

飯尾 なるほど! ナギサさんのキャラクターを考えて。

栗原 ナギサさんって静かにアクティブな感じがしません? そんな色をより出していけたらと思いますので、料理も楽しみにしていただけたら。

飯尾 物語も変化がありそうですしね。個人的にはどんどん強くなる瀬川くん(眞栄田郷敦)の目力にも注目しているのですが(笑)、やっぱり気になるのはメイちゃんとナギサさんの距離感。二人の間に信用が生まれ、堅い雰囲気が溶けていく中、今後どうなっていくのか僕も楽しみです!

ずん飯尾さんと栗原心平さん

飯尾和樹さん

お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。バラエティのみならず、ドラマ、映画と多方面で活躍中。本作では、主人公・メイに“マル秘”情報を流す医薬品卸会社の営業課長・駒木坂春夫役を演じる。

栗原心平さん

料理家。栗原はるみさんを母に持ち、幼いころよりごはん作りを担当するなど、生来の料理好き。テレビや雑誌を中心に活躍。最近では公式YouTube「ごちそうさまチャンネル」も話題。今回、自身初となるドラマの料理監修を担当している。

「豚肉の自家製六味焼き」レシピを
動画でチェック!

豚の自家製六味焼き栗原心平さんの公式YouTubeチャンネル「ごちそうさまチャンネル」では、ドラマと『オレンジページ』に登場する「豚の自家製六味焼き」の作り方を紹介! ポイントやレシピの誕生秘話も♪
レシピをテキストでみたいかたはこちら▶︎

『オレンジページ9月2日号』は
8/17に発売!

オレンジページ9/2号表紙

「栗原心平さんの豚おかずSUMMER」と題して、暑い夏にぴったりの豚肉おかずを掲載。「豚の自家製六味焼き」のほかにも、ご飯にもお酒にも合う魅力的な豚肉おかずが満載です。
詳細はこちら▶︎

撮影/寺澤太郎 取材・文/宮浦彰子

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ10/17号

オレンジページ10/17号

2020年10月2日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.16

おとなの健康Vol.16

2020年7月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

オレンジページ通販

ジュニア料理選手権スピンオフ