close

レシピ検索 レシピ検索

いちごのスクエアショートケーキ

驚くほどふわっふわなスポンジに、ほどよい堅さに泡立てた生クリームをとろーり。いちごとアラザンで、思わずキュンとなるかわいさに。おなじみのパウンド型で作れるのがうれしい!

料理:

撮影: 福尾美雪

いちごのスクエアショートケーキ

材料 (18×9×高さ6cmのパウンド型1台分)

  • スポンジ生地
  •  卵(Mサイズ) 2個
  •  グラニュー糖 60g
  •  薄力粉 55g
  •  バター(食塩不使用) 10g
  •  牛乳 小さじ2
  • ホイップクリーム
  •  生クリーム(乳脂肪分42%)※ 150ml
  •  グラニュー糖 15g
  • いちご 12粒
  • ミントの葉、アラザン 各適宜
  • ※乳脂肪分42%のものがない場合は、乳脂肪分45~47%の生クリーム135mlに牛乳15mlを合わせて使う。

熱量 176kcal(1/8量) 塩分 0.1g(1/8量)

下準備

     
  • ・生クリーム、いちご以外の材料は室温にもどす。
・いちご4粒は縦半分に切り、飾り用にとっておく。残りはへたを取って幅5mmに切る。
・小さめの耐熱のボールにバターと牛乳を入れる。
・オーブン用シートは図を参照して切り、型に合わせて切り込みを入れて型に敷く(型の高さから1~1.5cmはみ出るようにする)。
・オーブンを170℃に予熱する。

    ・生クリーム、いちご以外の材料は室温にもどす。
    ・いちご4粒は縦半分に切り、飾り用にとっておく。残りはへたを取って幅5mmに切る。
    ・小さめの耐熱のボールにバターと牛乳を入れる。
    ・オーブン用シートは図を参照して切り、型に合わせて切り込みを入れて型に敷く(型の高さから1~1.5cmはみ出るようにする)。
    ・オーブンを170℃に予熱する。



作り方

  • 口径22~24cmの耐熱のボールに卵を割り入れて泡立て器で溶きほぐし、グラニュー糖を加えて混ぜる。直径26cmのフライパンに湯を入れて沸かし、火を止める。ボールの底をフライパンの湯に当て(湯せん)、混ぜながら人肌より少し高くなるまで温める。ボールを湯からはずし、ハンドミキサーの高速で全体が白っぽく、もったりとするまで混ぜる。

<strong>[Point]</strong>
ふわふわのスポンジにするには最初が肝心! ハンドミキサーを回すと筋ができるくらいまで、生地をしっかり混ぜてもったりさせて。

    口径22~24cmの耐熱のボールに卵を割り入れて泡立て器で溶きほぐし、グラニュー糖を加えて混ぜる。直径26cmのフライパンに湯を入れて沸かし、火を止める。ボールの底をフライパンの湯に当て(湯せん)、混ぜながら人肌より少し高くなるまで温める。ボールを湯からはずし、ハンドミキサーの高速で全体が白っぽく、もったりとするまで混ぜる。

    [Point]
    ふわふわのスポンジにするには最初が肝心! ハンドミキサーを回すと筋ができるくらいまで、生地をしっかり混ぜてもったりさせて。

  • ハンドミキサーを低速にし、1分ほど回して生地のきめを整える。薄力粉をこし器を通してふるい入れ、ゴムべらで底から返すようにしながら、粉けがなくなるまで混ぜる。

    ハンドミキサーを低速にし、1分ほど回して生地のきめを整える。薄力粉をこし器を通してふるい入れ、ゴムべらで底から返すようにしながら、粉けがなくなるまで混ぜる。

  • 小さめの耐熱のボールに入れたバターと牛乳を、【1】の湯で湯せんしながら溶かし混ぜ、人肌より少し高くなるまで温める(湯がさめていたらもう一度沸かす)。ボールを湯からはずし、【2】をひとすくい入れて泡立て器でよく混ぜたら、【2】のボールに戻し入れて、ゴムべらで30回ほど混ぜる。

    小さめの耐熱のボールに入れたバターと牛乳を、【1】の湯で湯せんしながら溶かし混ぜ、人肌より少し高くなるまで温める(湯がさめていたらもう一度沸かす)。ボールを湯からはずし、【2】をひとすくい入れて泡立て器でよく混ぜたら、【2】のボールに戻し入れて、ゴムべらで30回ほど混ぜる。

  • 【3】を型に流し入れ、10cmほど持ち上げて落とすことを2~3回繰り返して空気を抜く。170℃のオーブンで25分ほど焼く。竹串を刺して生地がついてこなければ焼き上がり。焼き縮みを防ぐため、型ごと10cmほど持ち上げて一度落とす。すぐにオーブン用シートごと取り出して(やけどに注意)、ケーキクーラーなどにのせ、清潔なふきんをかけてさます。

    【3】を型に流し入れ、10cmほど持ち上げて落とすことを2~3回繰り返して空気を抜く。170℃のオーブンで25分ほど焼く。竹串を刺して生地がついてこなければ焼き上がり。焼き縮みを防ぐため、型ごと10cmほど持ち上げて一度落とす。すぐにオーブン用シートごと取り出して(やけどに注意)、ケーキクーラーなどにのせ、清潔なふきんをかけてさます。

  • ボールにホイップクリームの材料を入れ、ボールの底を氷水に当てながら、ハンドミキサーで七分立て(すくうと角がおじぎするくらい・写真上段)にする。デコレーション用に80gを取り分け、冷蔵庫で冷やしておく。残りのクリームを泡立て器で八分立て(すくうと角がピンと立つくらい・写真下段)にする。

    ボールにホイップクリームの材料を入れ、ボールの底を氷水に当てながら、ハンドミキサーで七分立て(すくうと角がおじぎするくらい・写真上段)にする。デコレーション用に80gを取り分け、冷蔵庫で冷やしておく。残りのクリームを泡立て器で八分立て(すくうと角がピンと立つくらい・写真下段)にする。

  • スポンジは、パン切り包丁などで厚みを半分に切る。スポンジの下半分を器にのせ、その上に八分立てにしたホイップクリームの1/2量をパレットナイフなどで塗る。幅5mmに切ったいちごを重ならないように全体に並べ、残りのクリームを塗り広げる。

    スポンジは、パン切り包丁などで厚みを半分に切る。スポンジの下半分を器にのせ、その上に八分立てにしたホイップクリームの1/2量をパレットナイフなどで塗る。幅5mmに切ったいちごを重ならないように全体に並べ、残りのクリームを塗り広げる。

  • 上半分のスポンジをのせてかるく押さえる。表面にデコレーション用のクリームをのせ、側面にクリームが少したれるように塗り広げる。飾り用のいちごをバランスよくのせ、ミントの葉を飾って、アラザンを散らす。

    上半分のスポンジをのせてかるく押さえる。表面にデコレーション用のクリームをのせ、側面にクリームが少したれるように塗り広げる。飾り用のいちごをバランスよくのせ、ミントの葉を飾って、アラザンを散らす。

「ブリキのパウンド型があったなら」のレシピ

だれもが上手に作れる工夫がいっぱい!「ブリキのパウンド型18cm」

オレンジページオリジナルの「ブリキのパウンド型18cm」。通常の約10倍の厚みのメッキを施しており、一般的なものに比べ、ずしりと重みがあります。側面や底面も均一に焼け、仕上がりが格段にいい! と評判です。 エッジがしっかりと出るので、パウンドケーキをはじめとする焼き菓子から、冷やし固めるスイーツ、パンなど、様々なメニューが格段に美しく仕上がります。

「ブリキのパウンド型18cm」はこちらオレンジページshop>>

レシピ掲載日: 2019.10.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

小麦粉を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2024年06月13日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
5/28~6/17

日清ヘルシークリアプレゼント

  • #食

Check!