close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

自家製 粗ほぐしツナ

缶詰でおなじみのツナですが、まぐろの切り身があれば、おうちでも簡単に作れます。玉ねぎやハーブの香りをつけながら煮ることで、ぐっと深い味わいに。弱火でじっくりと火を通すから、口当たりも驚くほどしっとり。ごろっと大きめにほぐせるのも魅力です。鮭やさばの切り身でもできるので、ぜひ気軽に試してみて!

料理:

撮影: 木村 拓(東京料理写真)

自家製 粗ほぐしツナ

材料 (作りやすい分量)

  • まぐろの刺し身 2さく(約400g)
  • 玉ねぎ 1/2個
  • ローリエ 1枚
  • 煮汁
  •  白ワイン(なければ酒) 大さじ4
  •  塩 大さじ1
  •  水 4カップ
  • 塩 オリーブオイル サラダ油

熱量 300kcal(1/4量) 塩分 1.6g(1/4量)

作り方

  • 容器は耐熱のものを使い、まず、洗剤で汚れを落とす。鍋にたっぷりの水とともに入れて火にかけ、5分ほど煮沸します。そのまま自然乾燥させる。プラスチック製のふたは熱に弱いので、煮沸消毒はせず、洗剤で汚れをしっかりと落とす。

  • まぐろに塩小さじ1をまんべんなくすり込み、そのまま20分ほどおく。玉ねぎは幅1cmのくし形に切る。

  • 直径26cmのフライパンに煮汁の材料と、玉ねぎ、ローリエ入れ、中火にかける。煮立ったら、まぐろの水けをペーパータオルで拭き取ってから加え、弱火にする。アクを取りながら15分ほど煮る(途中、まぐろの表面が水面から出るようであれば、かぶるくらいに水をたす)。フライパンを火からおろし、表面が乾かないようペーパータオルをかぶせて、煮汁の中でさます。

    直径26cmのフライパンに煮汁の材料と、玉ねぎ、ローリエ入れ、中火にかける。煮立ったら、まぐろの水けをペーパータオルで拭き取ってから加え、弱火にする。アクを取りながら15分ほど煮る(途中、まぐろの表面が水面から出るようであれば、かぶるくらいに水をたす)。フライパンを火からおろし、表面が乾かないようペーパータオルをかぶせて、煮汁の中でさます。

  • 【3】のまぐろを取り出し(煮汁はとっておく)、手で一口大にほぐす。フライパンに残った煮汁は、ペーパータオル1枚を敷いた万能こし器を通してこす。1カップを取り分け、オリーブオイル大さじ2、サラダ油大さじ4を加え、漬け汁を作る。

    【3】のまぐろを取り出し(煮汁はとっておく)、手で一口大にほぐす。フライパンに残った煮汁は、ペーパータオル1枚を敷いた万能こし器を通してこす。1カップを取り分け、オリーブオイル大さじ2、サラダ油大さじ4を加え、漬け汁を作る。

  • 【1】の保存容器にまぐろを詰め、ひたひたになる程度に漬け汁を加える。冷蔵庫で10日間くらい保存可能。

    【1】の保存容器にまぐろを詰め、ひたひたになる程度に漬け汁を加える。冷蔵庫で10日間くらい保存可能。

レシピ掲載日: 2014.4.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

マグロを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年04月20日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 5/2号

最新号

2021年4月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す