close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

カスタードプリン

卵のこくとしっかりとした弾力を堪能できる堅めのプリン。材料は卵、牛乳、上白糖とシンプルながら、リッチなおいしさ。

料理:

撮影: 南雲保夫

カスタードプリン

材料 (18×9×高さ6cmのパウンド型1個分)

  • プリン液
  •  卵 5個(殻を除いて260~275g)
  •  牛乳 2カップ
  •  上白糖 80g
  • カラメルソース
  •  上白糖 70g
  •  水 大さじ1

熱量 156kcal(1/8量) 塩分 0.2g(1/8量)

下準備

     
  • ・型の外側全体を、アルミホイルを二重にして包む。
    ・口径約20cmのボールに卵を割り入れ、泡立てないようによく溶きほぐす。



作り方

  • 小鍋にカラメルソースの材料を入れ、耐熱のゴムべらでよくなじませる。中火にかけて煮立たせ、鍋の周囲が薄い茶色になったら弱火にする。全体が褐色になるまで煮つめ、煙が出てきたら火を止める。

※均一に色づくように、火にかける前に砂糖と水をしっかりと混ぜ、なじませます。

    小鍋にカラメルソースの材料を入れ、耐熱のゴムべらでよくなじませる。中火にかけて煮立たせ、鍋の周囲が薄い茶色になったら弱火にする。全体が褐色になるまで煮つめ、煙が出てきたら火を止める。

    ※均一に色づくように、火にかける前に砂糖と水をしっかりと混ぜ、なじませます。

  • すぐにカラメルソースを型に流し入れる。型の縁を持ち、傾けながら底全体に広げて完全にさます。

※型の底と側面は熱くなっているので、やけどに注意して必ず縁を持って。

    すぐにカラメルソースを型に流し入れる。型の縁を持ち、傾けながら底全体に広げて完全にさます。

    ※型の底と側面は熱くなっているので、やけどに注意して必ず縁を持って。

  • オーブンを150℃に温めはじめる。小鍋に牛乳を入れ、砂糖を小さじ1取り分けて加える。中火にかけ、煮立つ直前で火を止める。溶き卵が入ったボールに残りの砂糖を加え、泡立てないように混ぜる。温めた牛乳を加えて混ぜる(ここで、湯せん焼き用の湯を沸かしはじめるとよい)。

    オーブンを150℃に温めはじめる。小鍋に牛乳を入れ、砂糖を小さじ1取り分けて加える。中火にかけ、煮立つ直前で火を止める。溶き卵が入ったボールに残りの砂糖を加え、泡立てないように混ぜる。温めた牛乳を加えて混ぜる(ここで、湯せん焼き用の湯を沸かしはじめるとよい)。

  • 牛乳が入っていた鍋に、【3】のプリン液をざるを通してこしながら戻し入れる。

※ざるで一度こすと、卵の混ぜ残りやカラザ、気泡が取り除けて、プリン液がなめらかになりますよ。

    牛乳が入っていた鍋に、【3】のプリン液をざるを通してこしながら戻し入れる。

    ※ざるで一度こすと、卵の混ぜ残りやカラザ、気泡が取り除けて、プリン液がなめらかになりますよ。

  • 【4】のプリン液を、ゴムべらに当てながら型に流し入れる。型が入るサイズで高さ4cm以上の耐熱のバットに、ペーパータオルを半分に折って敷き、型をのせる。

※勢いよく流し入れると、せっかく固まったカラメルソースに穴があいてしまうのでご注意を。

    【4】のプリン液を、ゴムべらに当てながら型に流し入れる。型が入るサイズで高さ4cm以上の耐熱のバットに、ペーパータオルを半分に折って敷き、型をのせる。

    ※勢いよく流し入れると、せっかく固まったカラメルソースに穴があいてしまうのでご注意を。

  • バットに湯(50~60℃)を高さ1~2cmまで注ぐ。バットごと天板にのせてオーブンの下段に入れ、150℃で表面が固まるまで30~40分焼く。バットからはずして完全にさまし、冷蔵庫で3~4時間冷やす。型の周囲にナイフを差し込み、底を熱湯に15秒ほど当てる。平皿をかぶせて上下を返し、型をはずす。

【ポイント】
1.パウンド型は構造的に隅にすきまがあるものも。今回の作り方では、液が多く流れ出ることはないですが、型によって多少もれることがあります。作業台や冷蔵庫が汚れないよう、バットにのせて作業して。

2.コンベクションオーブンを使用するときは、熱風によってプリン液が固まりにくいので、コンベクション機能をオフにして焼いて。オフにできない場合は、アルミホイルをかぶせて焼いてください。

3.プリンは熱の当たりが弱すぎても強すぎてもだめ。ホイルやペーパータオル、湯の量を調節したのでうまく焼けるはずですよ。

    バットに湯(50~60℃)を高さ1~2cmまで注ぐ。バットごと天板にのせてオーブンの下段に入れ、150℃で表面が固まるまで30~40分焼く。バットからはずして完全にさまし、冷蔵庫で3~4時間冷やす。型の周囲にナイフを差し込み、底を熱湯に15秒ほど当てる。平皿をかぶせて上下を返し、型をはずす。

    【ポイント】
    1.パウンド型は構造的に隅にすきまがあるものも。今回の作り方では、液が多く流れ出ることはないですが、型によって多少もれることがあります。作業台や冷蔵庫が汚れないよう、バットにのせて作業して。

    2.コンベクションオーブンを使用するときは、熱風によってプリン液が固まりにくいので、コンベクション機能をオフにして焼いて。オフにできない場合は、アルミホイルをかぶせて焼いてください。

    3.プリンは熱の当たりが弱すぎても強すぎてもだめ。ホイルやペーパータオル、湯の量を調節したのでうまく焼けるはずですよ。

レシピ掲載日: 2020.9.17

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

卵を使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年12月04日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
11/30(火)~12/13(月)

あったかおでんや、おしゃれなスマートウォッチが当たる!

食材からレシピを探す