close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

ひつまぶし

3つの味わいで楽しむ、名古屋の郷土料理。ご飯を少し堅めに炊くと、最後までおいしくいただけます。

料理:

撮影: 日置武晴

ひつまぶし

材料 (4人分)

  • 米 2合
  • うなぎのかば焼き 大2尾分
  • 添付のたれ 2袋
  • だし汁 3カップ
  • A
  •  薄口しょうゆ(あれば白しょうゆ) 大さじ1と1/2
  •  酒 大さじ1
  •  塩 少々
  • 刻みのり、万能ねぎの小口切り、青じその葉のせん切り、練りわさび、あられ 各適宜

熱量 599kcal(1人分) 塩分 3.3g(1人分)

作り方

  • 米は洗ってざるに上げ、30分ほどおく。土鍋に米、水340mlを入れてふたをし、20分ほどおく。

  • 土鍋を強火にかけ、沸騰したら弱火にし、12分ほど炊く。

  • うなぎは、あれば串を除き、3cm四方に切る。アルミホイルに並べ、オーブントースターか魚焼きグリルで5分ほど焼く。

  • 添付のたれを小鍋に入れ、中火で沸騰直前まで温める。

  • ご飯が炊けたら、うなぎを広げ、【4】のたれをかける。再びふたをし、10分ほど蒸らす。

  • 鍋にだし汁を入れ、中火にかける。ひと煮立ちしたら、Aで味をととのえ、容器に移す。

  • 3つの味わいでいただく。1杯目は、ご飯を底から返し、切るように混ぜ、そのままよそう。2杯目は同様にご飯をよそい、好みの薬味をのせる。

    3つの味わいでいただく。1杯目は、ご飯を底から返し、切るように混ぜ、そのままよそう。2杯目は同様にご飯をよそい、好みの薬味をのせる。

  • 3杯目は同様にご飯をよそって薬味をのせ、【6】をかけて茶漬けにする。

    3杯目は同様にご飯をよそって薬味をのせ、【6】をかけて茶漬けにする。

 
土用の丑の日 正統派からお手ごろメニューで大満足 鰻が食べたい。
 

レシピ掲載日: 2011.6.28

SHARE

関連キーワード

レシピを探す

うなぎを使った
その他のレシピ

注目のレシピ<PR>

人気レシピランキング

2021年05月10日現在

BOOK オレンジページの本

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 5/17号

最新号

2021年5月1日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
5/6(木)~5/17(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 美容

食材からレシピを探す