close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

レシピには書いてないこと知っておきたい

料理のハテナ

酢にはどんな種類があるの?

米酢、穀物酢、黒酢、ワインビネガー、バルサミコ酢

酸味が食欲を増進させるだけでなく、防腐、殺菌、変色の防止などの効果があることから、さまざまな料理に使われる酢。アクを抜く、色を引き出すなどの下ごしらえに使用することもある。

米酢
米を原料とした酢で、米の甘みやうまみを生かしてつくられるため、酸味がまろやか。合わせ酢、ドレッシングなどに幅広く使え、とくにすしめしを作るときには欠かせない。


穀物酢
小麦、米、コーンなど、数種類の穀物を原料としてつくられる酢で、くせがなく、さっぱりとした味わいが特徴。値段が手ごろなので、ごぼうのアク抜きや下ゆでなど、野菜の下ごしらえにも気軽に使える。

黒酢
もち米や玄米などを原料とし、長期間熟成してつくられる酢。色が濃く、濃厚なうまみと甘みがあるので、炒めものや煮ものに使われる。水で割ってドリンクなどにする場合もある。

ワインビネガー
ぶどうの果汁を発酵させてつくられる酢で、フルーティな香りと強い酸味が特徴。ワイン同様に赤と白があるが、くせのない白のほうがよく使われる。ドレッシングやマリネの味つけに使うことが多い。

バルサミコ酢
ワインビネガーと同様に、ぶどうの果汁からつくられる果実酢。たるでじっくり熟成させるため、酸味だけでなく、独特のうまみと甘み、芳醇な香りを持つ。

SHARE

それぞれの特徴を使い分けて作りたい、酢が決め手のレシピはこちら!

料理のハテナ

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す