close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

レシピには書いてないこと知っておきたい

料理のハテナ

豚薄切り肉の各部位の特徴って?

豚こま切れ肉、豚ロース肉、豚もも肉、豚バラ肉

豚薄切り肉は部位による味の差はそれほどないが、赤身と脂肪の割合でこくに違いが出るので、それぞれの部位にどんな特徴があるのか覚えておくとよい。基本的に赤身が淡いピンク色で、脂肪が真っ白なものが新鮮。

豚こま切れ肉
肉の形を整えるときに切り落とした部分を集めたもの。安価なうえ、いろいろな部位が混ざっているので味わい豊か。さまざまな料理に幅広く使え、切る手間が省けるのも利点。

豚ロース肉
背の中央にある肉で、淡泊な赤身と、こくのある脂肪のバランスがよい。薄切り肉のほか、やや厚めの「しょうが焼き用」や、ごく薄く切った「しゃぶしゃぶ用」などもある。肩の上にある「肩ロース」はロースよりもやや堅い。

豚もも肉
よく動かす部位なので脂肪が少なく、あっさりとしている。また筋肉が集まっているため、肉質はやや堅め。他の部位に比べるとカロリーが低いので、ヘルシー素材として活用できる。

豚バラ肉
胸と腹の部分の赤身と脂肪が層になっている部分で「三枚肉」とも呼ばれる。加熱したときに出る脂のうまみを生かして、しっかり味の煮ものや炒めものにするのがおすすめ。

SHARE

豚薄切り肉が主役のレシピはこちら!

料理のハテナ

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
9/7(火)~9/20(月・祝)

ブレンディ(R)の新しいラテ、ダイショーの鍋スープをプレゼント

食材からレシピを探す