close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

レシピには書いてないこと知っておきたい

料理のハテナ

まぐろの「赤身」と「とろ」って何が違うの?

まぐろの「赤身」と「とろ」って何が違うの?

まぐろは、日本人が生食する魚の代表格で、すしや海鮮のどんぶりなどには欠かせない。同じまぐろでも部位によって味や栄養価が大きく異なり、赤身はたんぱく質が多く、低カロリー。とろと呼ばれる部分は脂質が多く高カロリーだが、ビタミン類を多く含む。ちなみに、刺し身では食べにくい血合いには鉄分が豊富なので、しっかり味の煮ものにするとよい。

SHARE

まぐろが主役のレシピはこちら!

料理のハテナ

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す