close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

レシピには書いてないこと知っておきたい

料理のハテナ

牛薄切り肉の各部位の特徴って?

牛切り落とし肉、牛ロース肉、牛もも肉、牛肩肉

牛薄切り肉は部位により味が大きく違うので、それぞれの部位にどんな特徴があるのか覚えておくとよい。

牛切り落とし肉
肉の形を整えるときに残った部分を集めたもの。安価ながら、ロースやヒレなどの高価な部分が入っていることもあり、お買い得といえる。工夫しだいで、ステーキ風からすき焼きまで、牛肉の代表的なメニューが手軽に楽しめる。

牛ロース肉
肩から背中にかけた部位で、肩のほうは「肩ロース」、背中のほうは「リブロース」と呼ばれ、肩のほうが堅め。<霜降り>という細かい脂肪が入るため、うまみたっぷり。焼き肉用、しゃぶしゃぶ用、ステーキ用など、厚みの選択肢が多い。

牛もも肉
赤身が多く、脂肪は少なめのあっさりとした味わい。筋肉がつく部分なので、肉質はややきめが粗いものの、口当たりは柔らかい。

牛肩肉
運動量が多い部分のため、筋肉質で脂肪が少なく、肉質はやや堅い。薄切り肉にすると柔らかくなり、炒めものや焼き肉などに最適。

SHARE

牛薄切り肉の人気レシピはこちら!

料理のハテナ

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す