close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

料理のおいしさ 旬次第

のきほん 【野菜】

れんこん

れんこん

はすの地下茎が肥大したもので通年手に入るが、9月〜10月に収穫されるものは「新れんこん」といわれ、みずみずしいおいしさが魅力。さっと火を通せばシャキシャキした歯ざわりに、じっくり加熱すればほくほくの食感に仕上がる。また、切り方によっても味わいに変化が出るので、輪切りや棒状、薄切りなどいろいろな切り方で楽しむのがおすすめ。

選び方
肉厚でふっくらと丸みがあり、切り口や穴の部分が黒ずんでいないものが良品。

保存法
1節まるごとのものはぬらした新聞紙に包み、さらにポリ袋に入れて、冷蔵庫で1週間ほど保存可能。切ったものは断面から酸化して変色するため、空気が入らないようにぴったりとラップで包み、2日くらいで使いきる。

SHARE

れんこんが主役のレシピはこちら!

のきほん 【野菜】

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す