close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

腸内環境を整えて夏バテ解消! 冷えきった腸にきく腸活アイディア4選

2022.08.22

※この記事は、美腸活アドバイザーの齊藤早苗さん監修のもと作成したものです。

8月も後半戦を迎えた今日このごろ。
「寝冷えしやすい」「疲れが取れにくい」と感じたり、食欲不振やむくみなどの夏バテの症状にお悩みだったりしませんか?

もしかすると、それ〈冷たいもののとりすぎによる内臓冷え〉と〈冷房による冷え〉から起こる腸の不調、〈冷え冷え腸〉が原因かも。

胃腸が冷えきった状態になることで、血行不良から胃腸の機能が低下し、便秘や下痢などの不調を引き起こしてしまうのです。

自分では気づきにくい内臓の冷えは、食事や生活習慣が大きく関係しているので、体の内と外、両方からの温め&冷え対策が必須!
〈冷え冷え腸〉に合った腸活アイディアで、今こそ腸内環境を整えましょう!

〈冷え冷え腸〉におすすめの腸活アイディア

1.毎食必ず「温かいもの」を
2.香辛料を使った料理で内臓温度を上げる
3.冷房対策をして、体が冷えすぎないように
4.腸はさみマッサージ


1.毎食必ず「温かいもの」を

毎食必ず「温かいもの」を
夏場の食事は冷たいものばかりになりがちなので、一食に1品はあたたかいものを食べるように心がけましょう
特に、熱を生み出す筋肉の材料である「たんぱく質」をしっかりとると、体の温かさが持続します。
肉や魚、野菜がバランスよくとれ、体のしんから温まる、具材たっぷりのスープや鍋料理がおすすめです。


2.香辛料を使った料理で内臓温度を上げる

香辛料を使った料理で内臓温度を上げる
体を温める働きがある、唐辛子やこしょう、しょうが、シナモンなどの香辛料を料理や飲み物にプラスすると◎
カレーは、クミン、コリアンダー、ターメリックなどさまざまなスパイスがミックスされているため、温め効果もばっちりです。
香辛料には、唾液の分泌を促して、食欲を増進させる効果もあります。


3.冷房対策をして、体が冷えすぎないように
ストールやカーディガンをはおる

冷房がきいた部屋ではストールやカーディガンをはおるなど、冷気が直接当たらないように工夫を
また、寝冷え対策として、おなかまわりを保温してくれる腹巻きをつけて寝るのがおすすめです。

朝起きてすぐに白湯を飲む
さらに、朝起きてすぐに白湯を飲むと、内臓がダイレクトに温められ、冷えて鈍っていた胃腸が動きはじめます。

監修/齊藤早苗 イラスト/山中玲奈 文/太田順子 編集部・伊藤

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
09/06~09/26

【メンバーズ限定プレゼント】だしの香る「しゃぶ鍋スープ」新味4種をセットで!