close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

レシピには書いてないこと知っておきたい

料理のハテナ

豚かたまり肉の各部位の特徴って?

豚バラ・スペアリブ、豚ヒレ、豚肩ロース、豚もも

煮込み料理に向くかたまり肉。濃厚な味わいを楽しみたいときはバラやロースを、さっぱりめに仕上げたいときはももやヒレをと使い分けるのがおすすめ。赤身の部分につやがあり、ロースやバラの場合は、赤身の肉と脂肪の差がはっきりしているものが良品。

豚バラ・スペアリブ
赤身と脂肪が層になった、胸と腹の部分。煮込むと、脂肪のかたまりの部分がとろけるような食感になり、美味。あばら骨がついたままの「スペアリブ」は骨からのうまみでいっそうこくが出る。

豚ヒレ
棒状の赤身肉で脂肪がほとんどなく、豚肉のなかでもいちばん柔らかい、一頭からわずかしかとれないの部位のため高価だが、おいしさは格別。

豚もも
内ももの部位が、かたまりとしてよく使われる。赤身が多いため淡泊なものの、かむほどに味わい深いおいしさが楽しめる。また煮ものにすると、しっとりとした上品な口当たりになる。

豚肩ロース
肩の上にある部分で、赤身と脂肪が適度に混ざり合って、風味がよい。やや堅めで筋っぽいが、じっくり煮ることによって柔らかく、ジューシーになる。

SHARE

豚かたまり肉の人気レシピはこちら!

料理のハテナ

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

食材からレシピを探す