close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

料理家&編集者の お気に入りスーパー案内

料理を作ること、食べることが大好きな料理家や編集者は、どんなスーパーマーケットへ行っているんだろう? ちょっと聞いてみると、みんな語る語る……! 料理を生業にするからこそのこだわりや、「そんな目線で見てたとは」という偏愛ぶりを取材したっぷりとお届けします。
こちら、TBSラジオの人気番組「ジェーン・スー 生活は踊る」で開催中、第4回・スーパー総選挙とのコラボ企画。いっしょに盛り上げていきます!


【 料理家・栗原友さんが案内!】都内の人気スーパー・オオゼキのおすすめ3店舗が、どこもすごすぎた!

2022.09.30

上町店で納豆の品ぞろえのすごさを熱弁する、栗原友さん。

東京都内を中心に展開する人気スーパー・オオゼキ。ふだんから愛用し、とうとう社外顧問にまでなってしまった栗原友さんに、〈下北沢店、上町店、松原店〉の3店舗を案内してもらうことに。するとなるほど、友さんをはじめ、多くの人が通いたくなる理由が見えてきました!

>>前編/【好きすぎて「顧問」に!】料理家・栗原友さんがスーパー「オオゼキ」に惹かれる5つの理由。


●栗原友さん
母は料理家の栗原はるみさん、父は元キャスターの故・栗原玲児さん。弟の心平さんも料理家。築地の鮮魚店「クリトモ商店」を営んでいる。『オレンジページCooking  夕飯、即決、迷わない。』に登場!

●オオゼキ
東京、神奈川、千葉に40を超える店舗を展開するスーパーマーケット。独自の商品展開や店づくりで、料理家や飲食店のプロにも支持する人が多い。

栗原友さんがおすすめする、オオゼキ3店舗を巡る!


【1】派手な外観、野菜&フルーツの品ぞろえがすごい「下北沢店」

【2】まるで水族館⁉ 熱量ある鮮魚の仕入れが圧巻「上町店」

【3】パンや総菜、調味料も! 楽しくなっちゃう「松原本店」




【1】派手な外観、野菜&フルーツの品ぞろえがすごい「下北沢店」

「最初の取材は、下北沢店に集合で!」と栗原さんにいわれ、やってきたのは下北沢駅。店舗最寄りの出口から一歩踏み出したとたん……見えました、そびえたつオオゼキ・下北沢店が!

まるでアート作品のような、一見スーパーマーケットだとは思えない外観。しかし、中に入ればまぎれもなくそこはスーパー。早速友さんに案内されたのが、1階の奥に広々と設けられた青果コーナーです。


袋に入っている野菜もありますが、まるごと詰まれている野菜も多く、まるで市場のよう! オオゼキの広報さんによると、この「市場感」こそオオゼキの目指すところ。いろいろなものがあって、目的がなくてもなんとなくのぞきたくなる店づくりをしているのだとか。

友さんが「オオゼキで野菜やフルーツを買うなら、おすすめは下北沢店!」と推すだけあって、定番から珍しいものまで、ところせましと並んでいます。

珍しい青パパイヤを手に取りながら、「ライムと合わせて、タイ風のサラダにしようかな~」と友さん。


巨大な料理用バナナも! 手描きのかわいいポップで食べごろが説明されているから、「ちょっと手に取ってみようかな」という気になります。


下北沢店・青果コーナーの仕入れを担当する富田さんは、友さんとはすでに顔なじみ。富田さんに、市場のような迫力ある並べ方がすごいですねと伝えると、「どうだ! って感じで並べています」とのこと。狙い通り、圧倒されている私たち……。
青果コーナー全体のバランスを考えるよりも、インパクトを重視しながら、おいしいものを仕入れて並べるのが信条だそう。


さらに、「旬の野菜は選べるようにしている」というとおり、取材時に旬だったトマトやなすは、他のスーパーの追随を許さぬ豊富さです。

青果コーナーをすぎて、2階建ての下北沢店を一周。気になるポイントはまだまだあるものの、「次に行きましょう!」と友さんに誘われ、上町店へ向かいます。

撮影/木村 拓(東京料理写真・プロフィール写真) 撮影・文/編集部・堀部

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
11/22~12/14

【メンバーズ限定プレゼント】オレゴン産の大粒・生ブルーベリーのシロップ漬け