close

レシピ検索 レシピ検索
元タカラジェンヌ 食と美のトビラ

元宝塚歌劇団 雪組トップ娘役・朝月希和さん「りんご鍋にハマりました(笑)」【食のトビラ】

2023.04.28

華やかで気品ある夢のようなキラキラのステージ、宝塚歌劇。約3時間のステージを彩るタカラジェンヌたちは清く正しく美しく、そして心身ともにパワフル! その生き生きとした魅力の源である「食」と「美」のこだわりを、宝塚歌劇OGのかたがたに現役時代を振り返りながら教えていただく連載です。


母から受け継いだ食への探究心。おいしくいただけるように試行錯誤するのが楽しい


1回目は元雪組トップ娘役の朝月希和(あさづき・きわ)さん。朝月さんが考える食事の大切さや料理についてなど、『食』にまつわるあれこれをインタビュー。

レシピ本は母。何でも作ってしまう母からの影響はとても大きいです


――しなやかな舞台姿で観客を魅了していた朝月さん。いきなり大きなテーマなのですが、ずばり朝月さんにとって「食べること」とは何でしょうか?


自分を内面からつくるもの、と考えています。自分の血肉をつくると言いますか、生活をしているうえで欠かせないものであり、すこやかさの源だと思うんです。

――料理はされますか?

時間があればしたいと思っています。料理を作っているときは無心になれるので、リラックスできるんですよね!

――今日の撮影でお持ちいただきましたが、朝月さんの好きなものが「りんご」ということで、どんなところがお好きなんですか?

りんごは変幻自在の万能食材なんです! フルーツとしてそのまま食べるのはもちろん、おかずになったりスイーツになったりかくし味になったりと、変身っぷりがすごいんです。

初めてりんごを好きになったのはいつだろう……とあらためて考えてみたら、大好きな祖母のカレーがきっかけでした。小さいころ祖母に、「なんでおばあちゃんの作るカレーはおいしいの?」ときいたら「すりおろしりんごを入れているんだよ」と教えてくれて、カレーにちょっと甘みを足したいときはりんごを入れるんだなということがずっと忘れられなかったんです。あとは、体調をくずして寝込んでいるときに、母がいつもすりりんごを作ってくれたこと。すりおろして食べる果物ってなかなかないと思うんですよね。

りんごを使った料理もいろいろ作っているんですよ。

――そうなんですね、すごい! どんなものを作られているんですか?

「りんご鍋」にハマりまして(笑)。スライスしたりんご、白菜、水菜、えのき、豚肉を使い、かつおだしベースであっさりと。りんごと白菜から水分が出てくるので、あまり水分を使わなくていいんです。
Kiwa’s Photo
見た目も素敵な「りんご鍋」。ほのかな甘みを感じる、さっぱりとやさしい味。
パン作りもすごく好きで、それにもりんごを使います。りんごを細かく切って砂糖とレーズンを入れてコンポートのように煮たものを、クリームチーズとともにパンの中に入れています。パンは、丸めた生地をちょっと高さのある型に入れて焼き、それにポッキーとミントの葉をつけると見た目もりんごっぽくなるんです。
Kiwa’s Photo
完成度がすごい!「いろいろなパンを作っています。いちばん得意なのは、ミルククリームを入れた白パン。かぼちゃを生地に練り込んだパンもおいしいです。今度は何を練り込もうか研究中」(朝月さん)。
りんごをおかずに使うこともあります。切ったりんごと鶏の胸肉に、塩こしょう・白ワイン・にんにく・オリーブオイルをもみ込んで一晩おき、それを焼いてから落としぶたをしてかるく蒸すだけ。お肉がしっとりしておいしいですよ。
Kiwa’s Photo
本当にりんごは変幻自在! 幅広く変化してくれるのが魅力のひとつ。
――りんごがこんなにアレンジがきく食材とは驚きです! 料理はご自身で試行錯誤されるんですか?

そうですね。ちょっと調べてから実際に作ってみて、りんごとこの食材が合うなと思ったら、今度はこんな味つけにしてみようとか研究することが多いですね。

私のレシピ本は、母なんです。母は何でも作る人で、小学校に入ってすぐのころに教えてもらったのがゼリーの作り方でした。幼いころから、クッキーをいっしょに作ったり、野菜や果物の皮むきを教えてもらったり、おせち料理を作る手伝いをしたり。私の料理のベースはそこにあると思っています。宝塚に入って一人暮らしをしてからは、何かを作りたいと思ったらすぐに母に連絡をしていました。母は(レシピが)全部頭の中に入っているから、「こうやるといいんだよ」と教えてくれて。

――頼もしいお母さまですね。

母がパン作りを始めたから、私もやってみたり。母が作ってくれるもので唯一チャレンジしたことがないのはそば打ちです。毎年、年越しそばは母の手打ちそば。始めたばかりのころはいびつだったそばが、今はすごくキレイなんです。さすがだなぁと思って。

父も食べることが大好きなんです。家族で食卓を囲みながら、「この味つけはこうしたほうがいいんじゃない?」「じゃあ、次はやってみようか」と会話がはずむことが多いんですよ。

撮影/須田卓馬 本人提供 文/淡路裕子

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
6/18~7/8

AURO by Boden ワックスシート/スプレープレゼント

  • #暮らし

Check!