close

レシピ検索 レシピ検索
オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

風邪のひき始めにおすすめ、さっと作れる『ねぎみそ納豆がゆ』のレシピ【おなじみ食材だけでラクチン】

2024.01.21

冬も本番を迎え、ピンと張り詰めた冷たい空気にさらされるこの時期は、体調を崩しがち。なんとなく調子が悪いかも?という日は、おかゆを食事に取り入れてみませんか。

薬膳・発酵料理研究家で、国際中医薬膳師の山田奈美さんに教わったのは「和食薬膳」に基づいた、風邪のひき始めに食べたいおかゆ。

「すべての食材に薬効があり、それらを生活に取り入れることで体を整えると考えるのが『和食薬膳』

和食薬膳では胃腸をケアすることを大切にしています。胃腸の働きを補う食材 『米』を柔らかく煮たおかゆは、消化しやすく、理想的な養生ごはんです。

消化が落ちる夜や、排泄の時間帯である朝におかゆを食べるのがおすすめ」(山田奈美さん)。

『ねぎみそ納豆がゆ』のレシピ

材料(2人分)

納豆……1パック
ねぎ……10cm
万能ねぎの小口切り……6本分
みそ……大さじ1/2
米……1/2合(90ml)
水……2と1/2カップ

作り方

(1)米は洗ってざるに上げ、水けをきる。ねぎはみじん切りにする。

(2)土鍋に米と水を入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にする。ふたを少しずらしてのせ、20分ほど炊く。炊き上がったらねぎを加えてかるく混ぜる。みそを加えて火を止める。器に盛ってほぐした納豆をのせ、万能ねぎをふる。全体を混ぜながら食べる。

「納豆は消化がよく、血行をスムーズにしてくれる食材と考えられています。ねぎ類は風邪のひき始めの寒気を飛ばし、みそは、腸内環境を整える発酵食品。免疫力アップも期待できます」

材料は、ごくシンプルなおなじみの素材だけ。ちょっと調子が悪い日でも簡単に作れるやさしいレシピを、ぜひ覚えておいてくださいね。

料理/山田奈美 撮影/キッチンミノル スタイリング/朴 玲愛 文/singt

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

Check!