close

レシピ検索 レシピ検索
オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

レンジで簡単!にんじんの作り置きレシピ2選【ビタミンたっぷりで免疫力アップ】

2024.01.22

寒さも厳しくなり、風邪をひきやすい季節。

ビタミンA・C・Eは、「ビタミンACE(エース)」と呼ばれ、免疫力を高める効果が期待できるんです。
体内でビタミンAに変換されるβ-カロテンは緑黄色野菜に多く含まれますが、なかでもにんじんはβ-カロテンの含有量がピカイチ!

電子レンジで気軽にできて保存も可能、ビタミンAをしっかり取れるにんじんレシピを2品、ご紹介します。
※ビタミンAは、「レチノール活性当量(μgRAE)」を表記しています。

じゃこのうまみがにんじんの甘さを引き立てます。 <1食あたり>ビタミンA 530μgRAE

『にんじんのちりめんじゃこあえ』のレシピ


材料(作りやすい分量)

にんじん……2本(約300g)
ちりめんじゃこ……20g

〈A〉
ごま油……小さじ2
しょうゆ……小さじ2

作り方

(1)にんじんは皮をむき、長さ3cm×幅1cmの短冊切りにする。
(2)耐熱のボールに(1)と水大さじ2を入れ、ふんわりとラップをかけて、電子レンジ(600W)で3分30秒ほど加熱する。
(3)熱いうちにラップを少し開けて水けをきり(やけどに注意)、ちりめんじゃことAを加えて混ぜ合わせる。ときどき混ぜながら、粗熱が取れるまでおく。

心地よい歯ざわりに、タイ風のたれがぴったり! <1食あたり>ビタミンA 259μgRAE  

『にんじんと切り干し大根のタイ風なます』のレシピ


材料(作りやすい分量)

にんじん……1本(約150g)
切り干し大根……20g

〈A〉
赤唐辛子の小口切り……1本分
レモン汁……大さじ2
酢……大さじ2
砂糖……小さじ2
ナンプラー……小さじ2

作り方

(1)切り干し大根は流水でもみ洗いし、ひたひたの水に10分ほど浸してもどす。水けをしっかり絞り、長さ4~5cmに切る。にんじんは皮をむき、長さ4~5cmのせん切りにする。Aを混ぜる。
(2)耐熱のボールににんじんと水大さじ2を入れ、ふんわりとラップをかけて、電子レンジ(600W)で2分ほど加熱する。一度取り出して切り干し大根を加え、同様に1分ほど加熱する。
(3)ラップをかけたまましばらくおき、粗熱が取れたらラップを少し開けて水けをきる。Aを加えて混ぜ合わせる。


保存の目安

どちらも冷蔵で3~4日

 
どちらのレシピも、味がぼやけないよう、レンチン後にしっかりと水けをきることが重要ポイント。
まとめて作って保存しておけば、常備菜としても活躍。たりない栄養を気軽においしくチャージできます!

料理/松尾みゆき 撮影/福尾美雪 スタイリング/朴玲愛  文/編集部・中村

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2024/7/10-2024/7/30

不二貿易「キュピタ」プレゼント

  • #暮らし

Check!