close

レシピ検索 レシピ検索
オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

ふつうの『枝豆』が10倍おいしくなる茹で方【簡単『しょうゆ漬け』レシピも】

2023.08.11

枝豆のおいしいゆで方を写真でチェック

夏を代表する野菜、枝豆!
旬のいまこそ、塩ゆででシンプルに味わいたいですよね。
そこで今回は、豆のうまみと甘みを目いっぱい引き出せる、とっておきのゆで方を伝授します!

『枝豆』のおいしい茹で方・茹で時間


材料(作りやすい分量)と作り方

(1)さやを塩もみする
さやのうぶ毛と汚れを落とす。枝豆(さやつき)200~250ɡをボールに入れて塩大さじ1をふり、両手で強くこすり合わせるようにもみ込む。仕上げに流水でよく洗い、ざるに上げる。


POINT

さや表面のうぶ毛を取ることで、ゆでたとき色鮮やかになり、口当たりもよくなります。
(2)両端をカットする
さやの両端を5㎜ほど、キッチンばさみで切り落とす。


POINT

切り口からゆで汁が入るので、さやの中まで塩味がしっかりつきます。ゆで時間も短くなって一石二鳥。ちょっとめんどうだけど、仕上がりに大きく差が出るひと手間です。

(3)フライパンに水を沸かす
フライパンに水1/2カップを入れて中火にかけ、沸騰したら塩小さじ1を全体にふり入れる。枝豆を一気に加え、なるべく重ならないように広げる。


POINT

最小限の水でゆでることで、枝豆のうまみや栄養をゆで汁に逃がさずキープ。

(4)ペーパータオルとふたで蒸しゆでにする
枝豆全体をおおうようにペーパータオルをかける。ふたをして中火のまま4分ほどゆで、ざるに上げる。


POINT

ペーパータオルを使うことで、水けと塩けが枝豆全体にいきわたり、ふっくらと仕上がります。


アレンジレシピ『むき枝豆のにんにくしょうゆ漬け』


ゆでた枝豆が余ったら、さやから取り出して耐熱の保存容器に。
しょうゆ、みりん、水を同量ずつ鍋に入れてひと煮立ちさせ、粗熱が取れたらひたひたになるよう加えます。にんにくの半割りを加えて、一晩漬ければでき上がり。冷蔵庫で1週間保存可能です。

にんにくしょうゆ漬けの食べ方アイディア

・ご飯に混ぜておにぎりに
・漬けだれも塗って焼きおにぎりに
・大根おろしとあえて箸休めに
・クリームチーズとあえておつまみに
・卵液に混ぜて卵焼きに


枝豆の風味が目いっぱい感じられる、このゆで方。
絶妙な塩けと相まって、つまむ手が止まらなくなりますよ!

(『オレンジページ』2014年7月17日号より)

関連記事

基本のそら豆のゆで方(塩ゆで)をマスターしよう!
夏野菜の王様「モロヘイヤ」の栄養をキープするゆで方&絶品おひたしの作り方

料理・スタイリング/髙山かづえ 撮影/福尾美雪 文/編集部・渥美

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
6/18~7/8

AURO by Boden ワックスシート/スプレープレゼント

  • #暮らし

Check!