close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

酸っぱくない! 辛くない! 〈まろやか〉 酢しょうがで代謝アップ。

2017.01.17

代謝が年々落ちていて、「やせにくくなったなぁ……」と感じている人に朗報! エネルギー代謝を上げつつ、体脂肪の蓄積を抑える最強調味料があるんです。

それがこちら、「酢しょうが」です!

「酢しょうが」とは、しょうがを酢に漬けたもので、とりつづけることで代謝アップと肥満の抑制につながるんです! 監修の佐藤秀美先生によると、そのメカニズムは、しょうがの辛味成分「ジンゲロール」が、エネルギー代謝の促進に。酢の「酢酸」が、肝臓で脂肪の合成を抑制しつつ、糖の吸収をゆるやかにして体脂肪の蓄積を抑えます。

でも、「しょうがと酢の組み合わせって、すっごい刺激が強そう!」と思う人も……。それを解消するべく、2つの〈まろやかポイント〉を考案。食べやすく続けやすい「酢しょうが」が完成しました!

〈まろやかポイント〉その1 はちみつを投入!
やさしい甘さのはちみつを加えることで、しょうが&酢の辛さと酸っぱさをやわらげました。

〈まろやかポイント〉その2 酢を一度沸かして、そこにしょうがを混ぜる。
酢をひと煮立ちさせると、栄養効果はそのままに、ツンとした刺激のみマイルドに。また、火の入った酢にしょうがを加えることで、しょうがにも熱が入り、辛味が抑えられます。

こうしてできた「酢しょうが」は、粗熱がとれたらすぐに使えるすぐれもの。なお、酢を黒酢に変えてもOK! さらにまろやかな味わいになりますよ。


できた「酢しょうが」は、牛乳やスムージー、紅茶などに加えたり、

しょうがを使ったメニューの代表選手「しょうが焼き」に使ったり、

肉だねに加えて、さっぱり味のハンバーグに。大根おろしにも混ぜてのっけてもGOOD。

たっぷり作って、いろんなメニューにちょいたし、ちょい混ぜ。代謝をぐぐっとアップさせて、やせ体質を目指しましょう!

監修/佐藤秀美(学術博士) 料理/小林まさみ 撮影/鈴木泰介 スタイリング/佐々木カナコ 文/編集部・稲垣

(『オレンジページ』2017年2月2日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ