close

レシピ検索 レシピ検索
オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【最強ストック術】にんじんは「●●」するともっと栄養がとれる!【常備菜レシピ・使い方アイディアあり】

2023.02.06

にんじんのストックメニュー・使い方アイディアを写真でチェック!

健康のために積極的にとりたい野菜は、まとめて下ごしらえをしておくとラクチン。
そのとき、調理法や保存法にちょっとしたワザを取り入れると、同じ野菜でもより多くの栄養がとれるってご存知でしたか?
今回は常備野菜の「にんじん」の栄養がとれるストック術をご紹介します!


にんじんの栄養を多くとるには?

水や熱に弱いビタミン類を多く含む葉野菜は、なるべく切らずにさっとゆでるのが正解ですが、にんじんの場合はあえて「細胞をこわす」のがポイント。

にんじんはβ-カロテンの宝庫で、皮膚や粘膜の保護、免疫力アップなどに効果を発揮します。
油分と一緒にとると吸収率が高まりますが、さらに、スライサーなどで表面を削ることで、堅い細胞壁に包まれたβ-カロテンをより多く外に出すことができるんです。


栄養満点ストック! 『にんじんのオイルマリネ』のレシピ

材料(作りやすい分量)と作り方

にんじん3本(約450g)はよく洗い、水けを拭いてピーラーで皮ごとリボン状に削る。塩小さじ1弱、オリーブオイル大さじ2をまぶし、保存容器に入れて冷蔵庫で保存する。

保存期間の目安

冷蔵庫で約3日間保存可能。

使い方アイディア

このストックを使って、生のままおしゃれなリボンサラダに。
豆腐と炒めて、チャンプルーにも活用できます。


栄養もとれて、アレンジにも役立つ「最強ストック術」。ぜひ取り入れてみてくださいね。

オレンジページCooking 2018野菜レシピより)


関連記事

レンジだから栄養を逃さない! 『ブロッコリー』の簡単便利な下ごしらえ
【じゃがいも・玉ねぎ・にんじん】おかず4選。飛田和緒さんのレシピ

料理/藤井恵 撮影/鈴木泰介 文/編集部・井上玲子

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2024/7/10-2024/7/30

不二貿易「キュピタ」プレゼント

  • #暮らし

Check!