close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

最強のおかず鍋かも。【大根をすき焼きにする】と、大根もご飯もとまらない!

2022.11.23

「甘辛しょうゆつゆで鶏すき大根鍋」のレシピ

今が旬の大根は、みずみずしくっておいしいですよね。煮ものやサラダなど食べ方は無数にありますが、筆者が感動したのが「すき焼きにする」というもの!

大根は小さめに切って甘辛味の濃厚つゆで煮込むから、短時間で味がからんで、これがおいしいのなんの……。いっしょに鶏もも肉を入れ、そのうまみが出たつゆも最高なんです。

1/2本入れたはずの大根があっという間になくなり、シメまでご飯を待てない「白飯がすすむ」おかず鍋メニューです。もう、「鍋はご飯が進まない」なんて言わせませんよ~。

甘辛しょうゆつゆで「鶏すき大根鍋」の作り方


●材料(2~3人分)
大根……1/2本(約450g)
春菊……1わ(約150g)
鶏もも肉……1枚(約300g)
卵……2~3個

〈A〉
 しょうゆ……大さじ4
 酒……大さじ4
 みりん……大さじ2
 砂糖……大さじ1と1/2
 昆布(5×5cm)……1枚
 水……1カップ

ごま油

●下ごしらえ
・大根は皮をむいて幅7~8mmのいちょう切りにする。
・春菊は葉を摘み、茎は食べやすい長さに切る。
・鶏肉は余分な脂肪を除く。
・ボールに〈A〉を混ぜ合わせる。

●作り方
(1)
鍋(※)にごま油大さじ1を中火で熱し、鶏肉を皮目を下にして入れ、片面だけ1~2分焼きつける。取り出して幅1~2cmに切り、鍋に戻す。Aを加えて中火にかけ、煮立ったら昆布を取り出す。

※油で炒められない鍋の場合、フライパンで鶏肉を焼きつけて切ってから鍋に移す。


(2)
大根を加えて再び煮立ったらふたをし、7~8分煮る。春菊の茎を加えてさらに2~3分煮る。葉を加えてさっと煮て、器に卵を割りほぐし、つけながらいただく。



鶏の皮は焼きつけておくことで生臭くなく、皮から出た脂が鍋つゆにこくをあたえてくれます。だから甘辛のつゆが、より後引く味わいに……!

平日でも作れる手軽さなので、この鍋さえ作れば、あとはご飯だけで家族も大満足してくれるはず。「大根どうしよう」と思ったら、このメニューを思い出してください!

『オレンジページ』2022年1月17日号より)

【関連レシピ】
くたくた白菜&大根が最高~「手羽元のピエンロー鍋」は、今年作るべき鍋!
藤井恵さんの伝説レシピ「豚バラとキャベツのもつ鍋風鍋」
新発見『大根のしょうが焼き』が絶品だった!【レシピあり】

料理/藤井恵 撮影/木村 拓(東京料理写真) スタイリング/吉岡彰子 文/編集部・堀部

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
11/22~12/14

【メンバーズ限定プレゼント】オレゴン産の大粒・生ブルーベリーのシロップ漬け