close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【生米を使うから簡単!】30 分でできる「たけのこ」のあく抜き&絶品レシピ

2022.03.31

今年もやってきました、「たけのこ」の季節!
竹の地下茎の若芽であるたけのこは、春のひとときだけ店に並ぶ旬の味覚。ゆでたては、シャキシャキとした食感とすがすがしい香りで絶品です。

「でもあく抜きに時間がかかりそう」「米ぬかや唐辛子を使ったりして、大変そうなイメージ……」と思うかたに試してほしいのが、今回の方法。
「生米」だけで約30分でゆでられるから、ちょっと時間があればできちゃうんです♪

▶たけのこを楽しむためのラインナップ
<その1>米を使って30分であく抜きしてみる
<その2>たけのこの部位と食感の違いを知る
<その3>絶品レシピでシンプルに味わってみる

<その1>米を使って30分であく抜きしてみる
たけのこを半割にすることで、ゆで時間をぐっと短縮します。使うのも家にある生米だけでOK! たけのこを買ってきたら、すぐにゆでられますよ。

■材料(作りやすい分量)
たけのこ……3本(1200~1350g)
米……大さじ4

■あく抜きのやり方


【1】たけのこを縦半分に切る
たけのこはよく洗い、ぐらつかないよう押さえながら、長さの1/4くらいを目安に斜めに穂先を切り落として。次に、根元の堅い部分に刃先を入れ、縦に切り込みを入れてから、半分に切ります。さらに皮を根元の白い実が見えるまでむいて。

根元に黒い斑点がある場合は、えぐみの原因になるので、包丁でそぎ落します。


【2】米を加えてゆでる
口径22㎝くらいの深めの鍋にたけのこを入れ、かぶるくらいの水を注ぎ、さらに米を加えて中火にかけて。煮立ったらアクを取り、ペーパータオルをかぶせて弱火で30分ゆでます。


【3】火を止め、そのままさます
根元に竹串を刺してみて、すーっと通ったら火を止めて。さらに、えぐみを取るため、ゆで汁につけたまま3~4時間おいて完全にさまします。


【4】容器に保存する
ゆで汁から取り出し、たっぷりの水でよく洗って。先端の皮をきれいにむき、堅い部分は切り落としてから使います。
すぐ使わないものは、保存容器に移し、かぶるくらいの水を入れて、冷蔵庫で保存。水は毎日取り換えて、2~3日中に加熱処理をして食べましょう。

料理・スタイリング/青木恭子、撮影/高杉純、文/編集部・堀部

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
08/16~09/05

【メンバーズ限定プレゼント】高保湿力がうれしい、フェイス&ボディローション