close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

料理のおいしさ 旬次第

のきほん 【魚】

さんま

さんま

漢字で「秋刀魚」と書くさんまは、その名のとおり秋を代表する魚で、刀のようにスッと細長い形が特徴。9月になると脂がのりはじめ、11月ぐらいまでが食べごろ。最近、血液の流れをよくする栄養素として注目されているEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富で栄養価も高い。新鮮なものは、「わた(内臓)」ごと塩焼きにして独特の苦みを味わったり、生のまま刺し身にしてもおいしい。

選び方
腹に張りがあり、ピカピカに光っているものが良品。特に、尾のつけ根や口の先が黄色いものは脂がのっているとされる。


保存法
買ったその日に調理するのが基本だが、翌日になる場合は、内臓を取り除き、水けをよく拭いてからラップで包み、冷蔵庫で保存する。

SHARE

旬に食べたいさんまレシピはこちら!

のきほん 【魚】

SHARE

記事検索

SPECIAL TOPICS


RANKING 今、読まれている記事


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
6/15(火)~6/28(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 健康
  • カルチャー
  • 美容
  • 暮らし

食材からレシピを探す