close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページのベテラン編集者たち

入社25年(つまり四半世紀)以上のベテラン料理編集者4人が「うちごはん」について気ままに、赤裸々に語るリレー連載。個人的好み全開のオリジナルレシピのおまけつき。

いんげんの白あえもどき

vol.05

入社26年目 計量が苦手な山田の場合
『いんげんの白あえもどき』

 

くり返し、何度でも告白してしまいますけど、料理編集者でありながら、計量がとてつもなく苦手なんですよね、私(汗)。もっと言ってしまうと、最終的に、絶対的にこの仕上がり、この味になっていないと失敗だね~となるような料理も大の苦手で、うちでごはんを作るときは、作り始めに想定していたものと、まるで違う料理ができ上がってしまうことも多々(笑)。材料を切っているうちに気が変わったり、こんな感じもあり?なんて別の仕上がりの姿が脳裏をよぎると、迷わず方向転換してしまうんですよ、大胆に。なんでそうなるのか・・・・・・。仕事の現場では、初めて作る人にも失敗なく、おいしく作ってもらえるように、調味料の分量や、調理手順を正確に伝えることばかり考えている反動で「うちごはん」については、よい加減(いい加減)でいきたいのかもしれません(笑)。

「いんげんの白あえもどき」も、王道の白あえなんて作る気力がない。でも、なんか今日の晩酌のつまみには、それ的なものが食べたいのよねーというときに、なんとなく作ってみたら、おいしいじゃん、これ! となったお気に入り。

唯一のこだわりはいんげんをゆでずにオイルで炒めること。ほどよく焼き色がついて、ほっくり香ばしく火が通ったいんげんって本当に甘くておいしいんですよ。白あえにするなら、いんげんは色よくゆでないととか、固定観念にとらわれないポジティブな手抜きができるのが「うちごはん」のいいところ。お酒はもちろん、白いご飯にも意外と合うので(山田家比)、だまされたと思ってぜひお試しあれ~♪

 
  • クリームチーズにのり卵ふりかけ

    友だちに教えてもらって、激リピしていた、クリームチーズにのり卵ふりかけをふって、しょうゆをひとたらしすれば完成の1分おつまみをアレンジしてあえごろもに。

  • アントニオ猪木のビアジョッキ

    一日の疲れを癒す糖質オフビールを注ぐのは、敬愛するアントニオ猪木氏の顔がプリントされたビアジョッキ。元気があれば、なんでも飲めるんですよ、ダ~ッ(プロレスファンなら即反応確実・笑)!

オレぺの中の人のうちごはんレシピ

『いんげんの白あえもどき』

いんげんの白あえもどき

材料(山田的一晩酌分)

  • さやいんげん 100g
  • クリームチーズ(小分けになってるタイプ) 2個
  • のり卵ふりかけ 適宜
  • しょうゆ オリーブオイル 塩

作り方

  1. いんげんは両端を切り、食べやすい長さに切る。クリームチーズはボールに入れ、しばらく室温におく。まずまず柔らかくなったら、ふりかけひとつまみ、しょうゆ小さじ1/2くらいを加えて、混ぜ合わせる。
    ⇒いわゆるクリチーは、柔らかくなるまで意外と時間がかかるのでもどかしいが、そんなに厳密に考えなくてもOK。いんげんを熱いうちに加えてから混ぜると、ほどよくゆるくなるので、この時点ではカチコチでなければ問題なし。
  2. フライパンにオリーブオイル大さじ1/2くらいを中火で熱していんげんを入れ、塩ひとつまみをふって、炒める。
    ⇒炒めるというより「焼きながら炒める」って感じ。いんげんに焼き色をつけるためにも、ときどき上下を返すくらいのゆるさでほったらかしにするのがポイント。いんげんが柔らかくなったかどうかは食べて確認するのがいちばん。私は3分くらいしつこく火を入れるのが好き。
  3. いんげんがほっくりと柔らかくなったら、クリチーあえごろものボールに加えて混ぜる。器に盛り、見た目のアクセント目的で、ふりかけを散らす。
    ⇒いんげんの熱をいきわたらせるように、しっかりと混ぜるのがポイント。味をみて、お好みで塩なり、しょうゆなり、ちょこっと加えてもノープロブレム。
山田かおり
Editor No.01 山田かおり(通称・山先輩)
大学卒業後、1994年にオレンジページに入社。料理にも編集にもまるで興味がなかったのに、オレンジページ編集部に配属。料理編集者の道を歩み始める。以来ずーっと料理企画を担当。料理編集者でありながら、計量と甘いものが苦手という変わりだね。プライベートではプロレスと酒をこよなく愛し、夫と愛猫1匹、リクガメ夫妻と暮らす。

山田のうちごはんレシピ、
こちらにもあります。

〜電子版限定〜
オレぺの中の人のうちの味・好きな味
検索できないレシピ 和食・おやつ

オレぺのレシピを世に送り出しつづけているベテラン料理編集者4人が、これまで出会ったレシピの中から好きなもの、忘れられないものを自ら作って、撮って、語ります。
各電子書籍ストアにて好評配信中!

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ