close

レシピ検索 レシピ検索
オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【ほったらかしでOK】韓国気分を楽しめる『じゃがいもと手羽元のタッカンマリ風』のレシピ

2023.02.13

『じゃがいもと手羽元のタッカンマリ風』

人気韓国料理のひとつ〈タッカンマリ〉!
丸ごと一羽の鶏を、具材と一緒に煮込んだうまみ満点メニューですよね。

材料の用意が大変そうだし、自分で作るのはちょっと……。
と、思っているあなた! ストーップ!!!

じつは、〈手羽元〉を使えば、おうちでもお手軽に再現できちゃうんです。
今回は、唐辛子アレンジでよりあったまる、タッカンマリ風の煮物のレシピをご紹介します!

『じゃがいもと手羽元のタッカンマリ風』のレシピ

じゃがいもと手羽元のタッカンマリ風

材料(2人分)

じゃがいも……3個(約450g)
鶏手羽元(室温にもどす)……6本(約360g)
にんにくのみじん切り……1かけ分
しょうがのみじん切り……1かけ分
ねぎのみじん切り……大さじ3(12~13cm分)
せり……1束
コチュジャン……大さじ1
韓国産粗びき粉唐辛子(細びきの場合は少し量を減らす)……小さじ1/2~1(または一味唐辛子少々)
ごま油



下準備

じゃがいもは皮をむいて半分に切り、水に10分ほどさらして水けをきる。

作り方

(1)手羽元を煮る

鍋にごま油大さじ1を弱火で熱し、にんにく、しょうが、ねぎを入れてさっと炒める、手羽元を加えて、酒大さじ3をふる。水4~5カップを加えて強めの中火にし、煮立ってきたらふたをし、弱火で20分ほど煮る。

(2)じゃがいもを加えて調味する

ふたを取って中火にし、じゃがいもを加える。再び煮立ってきたら、そのまま15分ほど煮る。コチュジャン、粉唐辛子と、塩小さじ1を加えて混ぜる。ふたをして弱火で10分ほど、じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。せりを長さ3~4cmに切って加え、ひと煮する。


んんん~!
ほくほく感たっぷりのじゃがいもと、柔らかい手羽元にスープがしみ込んで最高においしい!!!

コトコト煮込んでいる間に副菜も作れるから、効率も◎。

寒さ厳しいこの時期は、『じゃがいもと手羽元のタッカンマリ風』でおなかの底から温まって♪


『オレンジページ』2023年2月17日号より)

関連記事

さっと作れて芯から温まる。スンドゥブ風「豆腐とあさりのキムチ煮」のレシピ
【コトコト煮込むだけ!】『大根と鶏手羽元の参鶏湯(サムゲタン)風』レシピにうっとり【正月明けの疲れた胃に】

料理/大庭英子 撮影/木村拓(東京料理写真) スタイリング/久保百合子 文/編集部・伊藤

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2024/7/10-2024/7/30

不二貿易「キュピタ」プレゼント

  • #暮らし

Check!