close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

パンやご飯と食べると〈太らない朝食〉になる、ある食材とは……?

2016.05.16

起きて1食目となる朝ごはん。あなたは何を食べていますか?
もし、「トースト&コーヒー」や「ご飯&わかめのみそ汁」だけですましてしまっているとしたら、もったいない!

「いつ食べるか」が体に及ぼす影響を考える時間栄養学によると、
朝に食事をしっかり摂ることで、体内のエネルギーが効率よく燃焼され、1日の代謝量が上がるといわれています。
なので、朝ごはんを食べるだけでもすごくよいことなのですが、実は上に出したような朝食に「あるもの」を組み合わせるだけで、もっと基礎代謝が上がるそう。

 

そのあるものとは……たんぱく質がふくまれる食材
みなさんもご存知、肉や魚、卵など。
これらと、パンやご飯といった炭水化物を組み合わせれば基礎代謝が増え、これによって1日のカロリー消費もアップするようになるというから、たんぱく質を摂っていないのは損なんです!

「でも朝は忙しくて、肉や魚の調理なんてできない!」なんて人も多いはず(私もそのひとり)。
そんなかたは、〈切る&焼く〉手間のないたんぱく質食材を常備しておけばOK!

たとえばハムやチーズをトーストにのせたり、生卵をみそ汁に落としたり、スープにウインナーを入れたり。飲み物をホットミルクにするだけでもいいんです。
ほかにもチーズや納豆、さば缶なども簡単に食べられるのでおすすめ。

 

朝はコンビニなどで買う派という人なら、炭水化物とたんぱく質が一緒に摂れるものをチョイス。
サンドイッチならチキンやハムチーズ、おにぎりなら鮭やツナ、たらこなど。デニッシュやドーナッツはカロリーが高いので、食べたいなら昼にするのが無難。

 

朝ごはんを食べていない人は、まずは食べて!
パンやご飯といった炭水化物だけになっている人! 早速、明日の朝ごはんから「たんぱく質」をプラスして。
〈炭水化物+たんぱく質〉の朝食にチェンジして、太らない体を手に入れましょう~!

イラスト/曽根愛 文/編集部・堀部
(『オレンジページ』2016年6月2日号より)

 

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
9/7(火)~9/20(月・祝)

ブレンディ(R)の新しいラテ、ダイショーの鍋スープをプレゼント