close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

夏の睡眠の新常識「寝ている間はクーラーつけっぱなし」のほうが体によかった!?

2016.07.04

2021年7月11日更新

梅雨があけ夏本番になると、暑さで寝苦しく、睡眠不足になる方も多いのでは?

そんな寝苦しい夜の味方、「クーラー」!
あなたは正しいクーラーの使い方を知っていますか?
睡眠に詳しい、作業療法士の菅原洋平先生にお聞きしました。すると……

寝ている間は、クーラーをつけっぱなしにする!

「ええー! 体に悪そう!」なんて声が聞こえてきそうですが、これには理由があるそう。
人は、体の深部体温を下げることで深い眠りにつきます。そこで、快適な室温を一定に続くようにすれば、この体温リズムが整い、熟睡できるのだということ。

 

さらにここで、もうひとつ。

一番最悪なのは、明け方になって、クーラーをつけるパターン!

「な、夏は毎日やってる…!」「明け方って暑くなるじゃん!」という声が今にも聞こえてくるよう。寝る前、2~3時間後で切れるようにタイマーを設定し、寝入りは快適だったけど、明け方に暑くなってクーラーをつけちゃうなんて、夏場によくある話なのですが……。
明け方は目覚めるために体の深部体温を上げようとしているのに、急にクーラーで冷やすと体温が上がりにくくなり、目覚めが悪くなってしまうのです!!

 

理想的な設定は28℃。部屋を冷やしすぎない除湿モードが最適と菅原先生。
日中にこもった室内の熱気を冷やすため、就寝の1時間前からつけておくと、快適に寝られるそうです。

クーラーをかしこく使って、暑い夏でも熟睡して乗り切りましょう!

(『オレンジページ』2016年7月17号より)

監修/菅原洋平、イラスト/小林晃、文/編集部・堀部

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ