close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

腸内フローラを整えてくれると評判! 「乾物ヨーグルト」の作り方

2016.03.22

乾物のレシピといって思い浮かべるのは、どんな料理でしょう?
切り干し大根の煮ものとか、高野豆腐の含め煮のような和風の味を思い出す人が多いかもしれませんね。

ところが、管理栄養士の関口絢子先生から新情報が!
「“乾物=和風料理”と思い込まなくてもいいんですよ。とっておきの新しい食べ方があるのです」

関口先生から教わったのは、「乾物ヨーグルト」。

「えっ、乾物ヨーグルト?」

はじめて聞きました。
高野豆腐は豆腐を乾物にしたものですが、ヨーグルトも乾物にできるんでしょうか?

「いえいえ、違いますよ(笑)。乾物を水ではなく、ヨーグルトでもどしたものが乾物ヨーグルトなんです。」

ヨーグルトでもどした乾物……。それって、おいしいの?
「わたしも、はじめて聞いたときは、本当においしいの?と思ったんですよ。でも、試しに切り干し大根でつくってみたら、乾物のうまみとヨーグルトのまろやかさが絶妙にマッチしていて、思わず感動! ぜひ多くのかたに味わってみていただきたいです」

では、作り方を教えてください。

つくり方は簡単。
ふたのできる保存容器を用意して、そこにプレーンヨーグルト(無糖)と乾物を入れて、からめます。分量は、たとえば切り干し大根の場合は、切り干し大根30gに対して、ヨーグルトが150gくらい。


切り干し大根全体にヨーグルトがからんだら、ふたをして、冷蔵庫へ。一晩でしっかりもどっています。




切り干し大根がヨーグルトの水分をしっかり吸収していますね。
いただいてみましょう。

おやっ、食感がいいですね。水でもどしたときよりも、シャキッとした歯ごたえで食べごたえがあります。それに、切り干し大根のまわりに残っているヨーグルトは、水きりされた状態だからでしょうか、クリームチーズのような濃厚な味ですね。はじめていただきましたが、これは新鮮な味わい。くせになりそうです。




「そうでしょう? もどした切り干し大根はそのまま食べてもおいしいですし、ちょっとゆかりをかけたり、生野菜と合わせてサラダにしたりしてもいいですよ。マヨネーズを少し加えるのもおすすめです」
 

「それに、ヨーグルト+乾物で抜群の整腸作用なんです! 便秘ぎみのかたにはぜひおすすめしたいですね」

乾物の多くには食物繊維が、ヨーグルトには腸内細菌のうち善玉菌の増殖を助ける乳酸菌が含まれていますが、これらをいっしょにとることで、「腸内フローラ」(腸内細菌叢)のバランスが改善するのだそう。
「乾物ヨーグルト」で腸が活発に動くようになると、食事でとった栄養の吸収率もアップ。また、体内の老廃物がスムーズに排出されて、肌トラブルが改善する効果も。さらに、腸には免疫細胞が集中しているので、免疫力も高まるなど、いいことづくめなのだそう。

「乾物ヨーグルトは、乾物をヨーグルトにつけておくだけでできるので、忙しくて、栄養バランスのよい食事をつくる時間がない人でも取り入れやすいと思いますよ」
なるほど。前の晩につけておいて、朝食に乾物ヨーグルトをプラスすると、お通じにもききそう。

おいしくって、体にいいと、今、話題の「乾物ヨーグルト」。ぜひ試してみてください。
料理/関口絢子、撮影/飯貝拓司、文/編集部・沼田
『乾物ヨーグルトレシピ』〈オレンジページ刊〉より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ