close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

漠然とした不安があるなら。目指す老後に〈イメージ→計算〉で近づく!

2016.02.23

みなさんは、仕事や子どもなどから手が離れた老後は、どんなふうに過ごしたいと考えていますか?
私は、家で食べる分だけの野菜を作ったりしながら、トレッキングとか新しい趣味もはじめたいなぁ……なんてのんびりした生活をイメージ。


とは言ったものの、この企画をするまでは、近い将来のことばかり考えて、老後なんてまだ具体的に考えたことがありませんでした。
みなさんのなかにも、住宅ローンや子どもの教育費、日々の生活費もあるし、「まだそんな先まで考えられない!」という方も多いのでは?

だけどそれじゃダメ!!!

もし将来に漠然とした不安や心配があるなら、早めにどんな老後をすごしたいかを具体的にイメージするべきなんです!

 


「年に1回は国内旅行に行きたい」「家のリフォームをしたい」など、具体的なほどOK。
これらにいくらかかるか、ひとつひとつ計算することで貯蓄がどれだけ必要かがわかってきますが……でも、それは大変な作業ですよね。
そこでオレンジページ3/2号では、〈上出来〉〈ゆとり〉〈安泰〉という3つの老後生活パターンを提案し、それぞれ必要な目安の金額をご紹介しています。
ここから、あなたが目指す老後に近いものを選ぶことで、具体的な資金額や将来イメージを持つことができます。

 

たとえば、〈上出来〉の生活イメージ。
食費や光熱費、介護保険といった社会保険料など、生活に必要な支払いは可能。ただし、頻繁に旅行に出かけたり、お金が必要な趣味に没頭することはむずかしいかも。

この生活パターンで65歳からの25年間に必要な資金は……

夫婦で約6300万円!

贅沢をしなくても、これくらいの額がかかるんです。
「え~こんなに!」と思う方もいると思いますが(もちろん私も……)、試しに月額に割ってみると2人で21万円と現実的な金額。

オレペ読者アンケートでは、必要資金が一人2000万円以下と考える人が半数以上なので、ちょっと楽観的に考えている人が多いようです(もちろん私も……)。

 

だからこそ、6300万円なんて到底用意できない!と思う方も多いと思いますが、でも必要な6300万円をどんなふうに用意すればいいのか?

続いて計算してみましょう!

・公的年金
・退職金
・年収(65歳以降も働く予定がある方)
・現在の老後のための貯蓄
・そのほかの収入(保険、株や不動産からの収入など)

こういった、老後に入ってくる予定&現在老後に残してある収入を合計し、6300万円から引いたのがあなたがこれから用意すべき貯蓄額。人によってその額はさまざまだと思いますが、計算をすることで、これからどうしたらよいかが少しだけ見えはじめるはず。


後は貯めるのみです!
『オレンジページ3/2号』では、貯まる家計の鉄則も掲載し、みなさんの貯蓄をサポートします。
老後に不安を感じる人は多いと思いますが、自分の目指す老後に合った具体的な貯蓄目標額を出して、今から少しずつでも貯蓄して不安を軽減していきましょう!
(編集部・堀部)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ