close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【シャキシャキ!】 とうもろこしの〈ひげ〉までおいしく食べる方法とは?

2020.06.01


これからが旬のとうもろこし。緑の皮をむき、生ならではのみずみずしい実を味わうのが夏の楽しみですよね。
そんな生のとうもろこしを食べるときに【先端のひげ】、捨ててしまっていませんか?

じつはひげには、食物繊維、カリウム、ポリフェノールなどの栄養が含まれているので、捨てるのはもったいない! とくに緑の部分は柔らかくて食べやすいので、ぜひ捨てずに食べてほしいんです。


おいしくひげを食べるなら、定番の「バターコーン」にするのがおすすめ!


ひげの茶色い部分を除き、ざく切りにして加えれば、シャキシャキ食感が楽しく、かむうちに深い味わいが出てきます。
また、とうもろこしの実には、炭水化物、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどの栄養が含まれており、バターの脂といっしょに摂ることで、ビタミンEの吸収率もアップ!

ちなみに、身をとるときに包丁でそげば早いですが、そうすると栄養豊富な実の根元の「胚芽」まで削れてしまうことに……。そこで、おすすめの実の取り方をご紹介します。


【1】
長さを半分に切って端を数粒とり、菜箸の頭(あれば天そげ)で押して1~2 列をはずす。


【2】
実をはずした場所の隣の列を親指でぐいっとむしり、根元の胚芽ごと取る。


旬のとうもろこしは栄養豊富。ぜひ「ひげ」や「胚芽」まで、おいしくいただきましょう!


監修/野菜の栄養ロスを防ぐ会 料理/八木佳奈 撮影/sono(bean) 文/編集部・堀部
(『オレンジページ』2020年6月17日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ