close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

和のスーパーフード「昆布」で作る、作り置きしょうゆだれでデトックス!

2015.05.21

最近、「和のスーパーフード」などと呼ばれ、話題になっている海藻類。ミネラルが豊富なのに低カロリーで、食物繊維もたっぷりとれると注目が集まっています。

 

そんな海藻類のなかで、強力なデトックス効果が期待できるのが、アルギン酸やフコイダンという、水溶性食物繊維たっぷりの「昆布」です。

これらの成分は、食事でとりすぎた不要な糖や脂質を包み込み、吸収を抑えて、体外に排出してくれるそう。その恩恵にあずかるには、毎日昆布自体を3~6g摂取することが重要とのこと。

 

……とはいえ、だしとしてではなく、毎日昆布を食べるのは、なかなか難しいですよね。

そこで今回は、毎日おいしく、手軽に昆布をとり続けられる、「作り置き 昆布しょうゆだれ」を『オレンジページ2015年6/2号』より紹介します。

 

「おぉ、昆布ってそんなにすごいんだ。じゃあ、さっそく食べますか~!」と、意気込んで先走ってはいけません……。

ただなにげなく食べればいいってもんじゃないんです。しっかりとデトックス効果を得るには、

できるだけ断面を多くするように、細胞を細かく壊す必要が!

ですから、たっぷりの水で昆布をもどしたら、包丁やキッチンばさみで角切りや細切りにしちゃいましょう。

そしてその昆布をすこ~し煮て、さらに細胞が壊せば、効果はもっと上向きに。

 

ではでは、この調理ポイントを守って、いつものおかずに幅広く取り入れられる万能だれ」にチャレンジ。

作り方はとっても簡単!

まずは昆布をたっぷりの水で戻し、キッチンばさみで細切りにします。市販の切り昆布を使ってもOK。

鍋に、しょうゆ、みりん、酒を入れて煮立てたら、昆布を加えて3分ほど煮ます。
なんと! たったこれだけで完了~。

食べる感覚のたれなので、具とたれをいっしょに、冷ややっこにのっけたり、サラダに加えてあえたりと、いつものおかずにちょいたししてどうぞ。

編集部内でいちばん人気だったのは、卵かけご飯

昆布のうまみが入ったたれは、ご飯にぴったり。また、濃厚な卵の黄身がまろやかな味わいとなり、おかわりする人、続出でした!

このたれは、冷蔵庫で10日間保存できるので、たっぷり作って常備しておくのがおすすめ。

もっとこのたれの使い方が知りたい~と思ったら、『オレンジページ6/2号』で。ほかにも、デトックス効果最強との呼び声高い「とろろ昆布のみそ玉」など、常備しておける昆布メニューをたっぷり掲載しています。


正月太りを解消せずにここまできちゃった人も、GWに食べすぎちゃった人も、薄着になる夏までに少しでもスリムになれるよう、昆布の常備菜でレッツデトックス!
(編集部・稲垣)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ