close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【編集Fのテキトーつまみ】あつあつ油ジュッ!豆苗の半生ナムル

2018.06.01

家飲み好き、ビール好きの編集担当Fです。

しょっちゅう買う野菜のひとつに、豆苗があります。あの豆の香りと、シャキシャキした食感! たとえ野菜が高騰しようとも、豆苗だけは値段が安定していてうれしい限りです。

豆苗を料理していていつも思うんですが、この野菜のおいしさを大きく左右するのは【火の通しかげん】。これに尽きるといっても過言じゃないような。以前、豆苗を生産している村上農園に取材したとき、社員のかたがベストな炒め時間やゆで時間を秒単位(!)で研究していて、感激したことがあります。

超~個人的な好みですが、私がいちばんおいしいと思うのは「半生」。歯ざわりが命なので、極力火を通したくないけど、繊維がしっかりしているので、生ではやや食べづらい。かといって、軸が細いぶん、炒めたりゆでたりすると、あっというまにしんなり。ほんの少し火を通す「半生」をねらいたい! 

長ったらしい前置きでしたが、豆苗への愛と執念(笑)で作るようになったのが、この半生ナムルです。

よーく見てもらうと、軸はシャキッとしつつも、葉のほうは少ししんなり(……私の写真技術じゃ伝わりにくいですが涙)。あつあつの油を全体にからめることで、ほんの少し火が入るんです。

あつあつ油ジュッ!豆苗の半生ナムル(テキトーレシピ)

1
豆苗、しらす、ごまをボールに入れる。
2
あつあつのごま油をジュッ!とかける。
3
よーくあえ、味をみて塩をたす

私はいつも豆苗1パックに対して、しらす(小)パック1個、ごま油大さじ1くらい。ごま油は火にかけて、煙がもうもうと立ったらOKです。しらすに塩分があるので、塩は味をみてから。私は味がバチッと決まってるのが好きなので、粗塩をひとつまみ投入します。

あえるときは、菜箸と手で底から大きくすくい上げながら勢いよく。手でさわるぶん、油がからんでいくのが実感でき、からむのも早い気がします。ただし、「ジュッ」の直後は熱いので、菜箸でひと混ぜしてから、手であえてくださいね~。

それにしても、ナムルってビールがすすむあえものですよねー。塩とごま油をベースに、香りやうまみを足していけば無限の広がりが! このメニューも、しらすじゃなくザーサイやハムのせん切りでもおいしい。もちろん、主役になる野菜もほかにもいっぱいあるはず。まだまだ「おつまみナムル道」を研究し続けたいと思いまーす♪
 

 

 

豆苗の半生ナムルの動画を作りました! ぜひスマホでみてね♪

   ↓↓↓↓↓

 

 

【編集Fのテキトーつまみ】
作り方も分量も「テキトー」でOKの超カンタンなおつまみをご紹介してまいります。不定期でゆるっと更新中♪

撮影・文/藤井裕子

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
11/30(火)~12/13(月)

あったかおでんや、おしゃれなスマートウォッチが当たる!