close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

自在に薄めて使う「濃縮いりこだし」にハマる人続出?!

2017.09.10

だし素材の定番といえば、削り節と昆布ですが、最近、話題を集めているのが 「いりこ(=煮干し)のだし汁」! さまざまな産地のいりこを扱う店が急増中です。

いりこだしの魅力といえば、ほのかな甘みと強いこく。みそ汁にはもちろん、煮ものやおひたしにもぴったり。何より野菜を格段においしくしてくれるスグレものなんです。

 

ただ、だし汁って張り切ってたくさんとってみたものの、忙しい日は使わないし、冷蔵庫での保存場所に困る……なんて経験はありませんか?

そこで、「だし汁を濃く煮出し、自在に水で薄める」、そう、めんつゆのようなだし汁の濃縮使いが注目を集めているのです

先ほど登場したいりこだしの色をもう一度見てみてください。

これ、「濃縮だし」なので、普通にとったものよりこんなに色が濃くなっているんですよ。

作り方はというと……「水5カップに対していりこ50g」と、いりこは一般的な量よりも少し多め。

 

アクを取り、いつもより時間をたっぷりとかけてじっくり煮出します。

 


できる量は4カップなので、冷蔵庫で幅をとる心配もありません!

 

「濃縮」ならではの使い方をご紹介しましょう。たとえば、

【1】「濃縮いりこだし」を、力強い風味を持つ根菜にストレートで加えれば、

 

根菜の繊維の奥まで、だしのうまみがしみ込んだ煮ものが完成!

 

【2】揚げびたしに、「濃縮いりこだし」を水でうすめて使えば、野菜だけとは思えない深い味わいに!

 

ストレートで使っていりこのうまみを素材にしみ込ませるか、水で薄めて全体に広めるか、料理に合わせて変えられるのが 「濃縮だし」の強み。

いよいよ味覚の秋が到来♪ ぜひ、「濃縮だし」で料理の楽しみを広げてみませんか?

 

料理/石原洋子 撮影/南雲保夫 スタイリング/吉岡彰子 文/編集部・志賀園子

(『オレンジページCooking 秋レシピ』オレンジページ刊より)

 

 

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ