close

レシピ検索 レシピ検索

人気料理家・ワタナベマキさんの魅力にせまる!

忙しい人に寄り添いながらも、どこか粋でおしゃれ。そんなワタナベマキさんならではのレシピを集めた一冊が誕生しました。マキさんが繰り返し作る料理とともに、日々のごはん作りを乗り切るコツから、調味料の使い方、愛用の道具まで、暮らしのヒントがいっぱいです!

① ワタナベマキさんはここがすごい!

まずはマキさんをよく知る料理撮影の現場スタッフや、マキさんファンの読者のみなさんの声を集めました。

スタイリスト 池水陽子 顔イラスト

撮影現場でみんなに気配りしながらも、テキパキと仕事を動かすスーパーガール! どうしたらこんな風に動けるの? 頭の中が高速回転してる?と思ってしまいます。

(池水陽子、スタイリスト)

デザイナー セキユリヲ 顔イラスト

おいしいだけではなくて、心があたたまるお料理をつくる人。私が体調を崩したとき、丁寧にとった鶏ガラスープのお粥を作って持ってきてもらったことを思い出します。思いやりのある素敵な人。

(セキ ユリヲ、デザイナー)

編集者 小栁恵理子 顔イラスト

どんなお題にも「ふふふ(笑)」と笑いながら、打ち返してくるスピード感。どの料理も、作りやすいのにどこか粋。いつもハッとさせられます♡

(小栁恵理子、編集者)

ちょっとしたことですが、
今まで全く気づかなかった味変のアイディアを教えてくれる。

(『オレンジページ』読者、茨城県20代女性)

マキさんの笑顔にひかれてレシピを試したら、
不器用な私でもびっくりするほどおいしくできました。

(『オレンジページ』読者、東京都40代女性)

②ワタナベマキさんが大事にしている5つのこと

マキさんがふだんの料理で大切にしている5つのことをご紹介します。支持されるレシピが生まれる秘密はここにアリ!

1.考えないくふうが忙しい日を救う

まとめ買いした食材を整理するワタナベマキさん

「ご飯作りの最大のストレスは献立や段取りを考えること。だから私は、あらかじめ3日分の〈ゆるい献立プラン〉を作ってまとめ買いしたり、ほったらかしでラクチンな調理法を積極的に取り入れています」

2.当たり前の調味料こそ味方です

ワタナベマキさんの手作りみそ、梅干し、めんつゆ

「ふだんよく使うのは、ごく普通のなじみ深くて安心できる調味料ばかり。中でもみそ、梅干し、めんつゆは、手作りもするし、欠かせない存在です。和風にこだわらず、洋風の料理にも使うと飽きることなく味わえますよ」

3.作りおきは素材1つがいい

なすの作り置きメニュー

「私は、作り置きおかずは1品につき1つの素材で作るのが好き。そのほうが気軽だし、素材の持ち味が生かせます。そして、1回に作るのは多くて2品ほど。数日で食べきれる量がおすすめです」

4.アジアごはんで自分の〈好き〉も楽しむ

ガパオ

「ときには、自分が食べたい料理を思い切り! という気持ちも大切にしています。私の場合はアジアごはん。憧れのものにチャレンジできるのも料理を作る人の特権ですし、刺激があると料理がより楽しくなります」

5.おやつは「負担にならず、
手作りの価値がある」ものを

ワタナベマキさんが作る「いちじくのコンポート」

「わが家のおやつ作りで活躍しているのは、手軽なホーローバット。ゼリーを冷やし固めるほか、プリンやケーキをオーブンで焼くときにも使います。よく主役にするのは、季節の野菜や果物。新鮮なうちにおやつに変身させることに、手作りの楽しさがあります」

③ワタナベマキさんお気に入りのキッチン道具

家事問屋のシステムバット

ワタナベマキさんがほぼ毎日使っているのが、ふたつきのシンプルなバットと四角いざる。それぞれ別売りのものですが、セットで使うとさらに便利に。「ざるをセットした状態でバットにふたができるから、下ごしらえに大助かりなんです」とマキさん。

家事問屋のシステムバットで豆腐を水切り・保存する

すき間時間に洗った葉野菜をこのセットに入れて冷蔵庫に置いたら、あとはほったらかし。ごはんを作るころには水けがきれているので、めんどうな水きりの手間が省けるそう。「ふたをすると密閉できて衛生的なうえに、冷蔵庫に重ねて置けて省スペース。下ごしらえしながら保存できて、いいことずくめですよ」。

家事問屋のシステムバットを使うワタナベマキさん

『料理家・ワタナベ マキ』刊行記念!
家事問屋のシステムバットを
プレゼント
※終了しました

家事問屋のシステムバット

新刊発売を記念してオレンジページ公式Twitterとの連動で、2022年7月20日(水)までプレゼントキャンペーンを実施中です! マキさんが愛用の「家事問屋のシステムバット&下ごしらえ角ざる&トレーのセット」を新刊本といっしょに4名様にプレゼント! 野菜や魚を入れるのにちょうどいい1/2サイズと、余った豆腐の水きりや少量の乾物をもどすのに便利な1/4サイズの2種類が、それぞれ2名様に当たります。みなさんのご応募、お待ちしています♪

▼ 賞品

『料理家・ワタナベ マキ』+家事問屋のシステムバットセット
(下記のA・Bいずれか)

【A】家事問屋のシステムバット1/2セット 5170円×2名様

〈バット:16.7×22.1×高さ6.1cm・1.7L・262g、下ごしらえ角ザル:14.8×20.4×高さ5.2cm・123g、システムトレー1/2:16.5 ×22 ×高さ0.6cm・160gをセットで〉

【B】家事問屋のシステムバット1/4セット 3630円×2名様

〈バット:11.4×16.4×高さ6.1cm・0.8L・135g、下ごしらえ角ザル1/4:9.6×14.5×高さ5.2cm・70g、システムトレー1/4:11.3 ×16.3 ×高さ0.6cm・84g〉

※セットのサイズは編集部におまかせください。

▼ 応募方法

1. Twitterアカウント @ORANGEPAGE_mag をフォローする
2. 7月6日(水)10:30投稿のツイートをRTする

▼ 応募期間

2022年7月6日(水)10時30分~2022年7月20日(水)23時59分

【注意事項】

  • 当選者には、7月末より順次、DMでご連絡いたします。DM内でお知らせするURLから、個人情報(賞品の発送先)の入力をお願いします。
  • 入力いただいた個人情報は、賞品の発送にのみ利用します。
  • 非公開アカウントのかたは抽選対象になりませんのでご了承ください。
  • 賞品の発送は日本国内に限ります。
  • 抽選結果に関するお問い合わせにはお答えしかねます。

④ワタナベマキさんの傑作レシピ集が誕生!

ワタナベマキさんの料理

忙しい人に寄り添いながらも、どこか粋でおしゃれ。そんなワタナベマキさんならではのレシピを集めた一冊が誕生しました。マキさんが繰り返し作る料理とともに、日々のごはん作りを乗り切るコツから、調味料の使い方、愛用の道具まで、暮らしのヒントがいっぱいです。

レシピ本「料理家・ワタナベマキ」表紙
人気の秘密と魅力にせまる

『料理家・ワタナベ マキ』

忙しい人に寄り添う傑作レシピ選

2022年7月6日発売!

マキさんご愛用 貝印 SELECT100
「 カッティングボード」とのおトクなセットも!

『料理家・ワタナベ マキ』と、貝印「SELECT100 カッティングボード」のAmazon限定特別セットを発売!

貝印「SELECT100 カッティングボード」

貝印「SELECT100 カッティングボード」
230×210mmとコンパクトかつ軽量なボードは、小回りがきいて扱いやすさ抜群。ちょっとした切りものに大活躍します。

2点セットで通常よりおトクな価格で手に入れるチャンス、数量限定なので早めにチェックを!

ワタナベ マキさん プロフィール

ワタナベマキさん

グラフィックデザイナーを経て料理家に。センスあふれる食材や調味料の組み合わせ、忙しい人に寄り添うシンプルなレシピが幅広い層から人気。夫と高校生の息子と3人暮らし。インスタグラムでは身の回りのおいしいものや愛猫のはっとりくん、はなちゃんの様子を更新中。2021年からスタートしたオンライン料理教室も話題。

オフィシャルホームページ Instagram: @maki_watanabe

既刊紹介

レシピ本「絶対おいしいキャンプごはん」ワタナベマキ

絶対おいしいキャンプごはん

キャンプごはんは、バーベキューやカレーライスのみにあらず! 前日にちょっと仕込んでいけば、手軽にできて味もバッチリ決まる、みんなから絶対にほめられるキャンプごはんが完成します。キャンプ名人ワタナベマキさんに自慢のレシピを教わりました!

レシピ本「オレンジページCooking特別編集 あの人の定番料理」表紙
オレンジページCooking特別編集

あの人の定番料理

人気料理家11人の思いと知恵が一冊に集結。食のプロがプライベートでも大切にしている料理を集めた一冊。季節がめぐるたびに作る「旬の定番」や、忙しい日に便利な「賢い定番」など、長年愛されてきた理由が納得できるレシピばかり。プロならではの調理のコツとともに、日々の食卓に役立ててください。



撮影/新居明子 豊田朋子 邑口京一郎 イラスト/ヤマグチカヨ

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
6/18~7/8

AURO by Boden ワックスシート/スプレープレゼント

  • #暮らし

Check!