レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 【お弁当革命】卵焼きは〈焼かずに〉作れる!
オレンジページ☆デイリー

2018.9.4

【お弁当革命】卵焼きは〈焼かずに〉作れる!


お弁当おかずの大定番、卵焼き。慣れてしまえば、卵焼き器でくるくる巻くのも、ふわっと仕上げるのもワケないのですが、不器用さんには簡単そうで難しいんですよね~、これが。

そこでおすすめしたいのが、卵焼きを〈電子レンジ〉で作ること!
ちょっとした工夫で、じつはだれでも簡単に、美しく、ふっくらした卵焼きが作れるんですよ。

卵焼きをレンチンで作るには、耐熱皿を使います。皿の上にラップで土手を作ったら、卵、砂糖、具などの材料をすべて入れ、菜箸でやさしくかき混ぜてください。
ここで大切なのは、〈水〉をいっしょに入れること! じつは水って、ふっくらした卵焼きを作るために大切な材料なんですよ~。
また、砂糖をちょっと多めに入れることも、〈ふっくら〉のポイントです。

すべての材料を混ぜ終えたら、ふんわりとラップをかけて、レンジでチン!

まだ〈半なま〉の状態で取り出し、ラップを使って卵焼き形に成型します。卵が固まりきっていない状態なので、手で簡単に形を整えられますよ。

あとは再びレンチンし、しっかり火が通ったら、食べやすい大きさに切って完成~!
一番上の写真みたいに、具は万能ねぎだけでもおいしいですし……

こんな風に明太子×青じそを入れても美味!! この具を入れるなら、甘めよりしょっぱめの卵焼きに仕上げたほうがおいしいので、砂糖ではなくマヨネーズを入れて卵焼きを作ります。
マヨネーズの力で、〈さめてもふわふわ〉になりますよ~。

卵焼きを焼かないで作るなんてちょっと驚きですが、パサパサしらずの仕上がりにきっと満足するはず。夏休みが終わり、お弁当作りが再びスタートするこの時期、ぜひ一度お試しあれ。
 

料理/髙山 かづえ 撮影/木村 拓(東京料理写真) 文/編集部・山田彩

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ12/2号

オレンジページ12/2号

2018年11月16日発売

詳細・購入はこちら

2019オレンジページCooking冬

2019オレンジページCooking冬

2018年11月2日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.9

おとなの健康 Vol.9

2018年10月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!

第34回オレンジページ読者アンケート