close

レシピ検索 レシピ検索
ぼる塾・酒寄さんの「1件の画像通知があります」

ぼる塾、ついに香川のうどんデビュー。「すごいしおいしすぎ!」【酒寄さん】

2024.04.15

みなさんこんにちは。ぼる塾の酒寄です。

>>今までのおいしいもの紹介はこちら


わたしは「食」のエッセイを読むのが好きです。膨大な「食」のエッセイを読んできたのですが、その中で気になる食べ物がありました。それが今回の香川のうどんです。

私「え?! 香川にうどんだけ食べに旅行するの?! うどん目的で?!」

読んでいると、実に色んな「食」のエッセイに「香川にうどん旅行回」があるのです。うどん仲間が集い、レンタカーを借りたりタクシーに乗ったりして、一日に何件もうどん屋さんをハシゴします。沢山のうどん屋さんを巡り、それだけでその旅は終わります。

私「うどんは美味しい。でも、一日に何件も巡って食べるものかな? しかも次の日も何件も回っている」

どのエッセイを読んでも、「それぞれの店に個性があってうまい。飽きない」、「感動した。来て良かった」、「時間があればもっと巡りたかった」と書かれており、「うどんはもういい」という文章は見当たりません。

私「香川のうどん気になる……」

そんな中、ついに私の仲間達が香川のうどんに出会いました。

あんりちゃん「酒寄さん! 香川のうどんはすごい!」
はるちゃん「とっても美味しかった!」
田辺さん「あのうまさ! 香川県民に嫉妬するよ!」

ある日、四人で劇場の合間に、「あんりの肌がきれいになった」という話題が終わった後にうどんの話になりました。

私「香川のうどんは美味しいって聞くけど、うどんってそもそもどこで食べても美味しいものじゃない?」
田辺さん「ばかやろう! 全然違うよ!!」
あんりちゃん「本当に違うんです! もともとうどんは美味しいけど、それとはまた別の美味しさなんです!」

ここで登場! 今回紹介する美味しい物はこちら! 手打うどん 渡辺


三人

うどんを食べにまた香川へ行きたい!

■ いろいろすごい!頼んだうどん


あんりちゃん「この前仕事で初めて香川に行ったんですけど、やっぱり香川と言ったらうどんを食べたいじゃないですか」
田辺さん「でも、香川のうどん屋さんってどこも閉まるのが早くてさ。私達到着したのが遅かったのよ」
あんりちゃん「でも、向こうの社員さんが『この時間でも空いている美味しいうどん屋さんがあります!』って連れて行ってくれたんです」
はるちゃん「すごいんだよ! 私の頼んだワカメうどん見て!」

そう言って、はるちゃんはワカメうどんの写真を見せてくれました。
私「ワカメの量すごい!」

もはやうどんが見えないほど大量のワカメが乗っかった衝撃写真でした。

田辺さん「私の頼んだきつねうどんもすごいよ!」

私「お揚げでかっ!」

田辺さんが見せてくれたきつねうどんもお揚げが大きすぎて全くうどんが見えない状態でした。

あんりちゃん「私もきつねにしました。このお揚げが甘くて美味しいんですよ~!」
田辺さん「この大きさに感謝だよ! 大きくて美味しいって難しいんだよ!」
あんりちゃん「私はこれにちくわ天もトッピングしちゃいました!」
私「ちくわ天美味しいよね」
あんりちゃん「私ちくわ大好きなんです! もしかしたら食べ物で一番ちくわが好きかもしれない!」
私(え! ちくわが一番!?)

私はあんりちゃんの発言を聞き、そっと田辺さんを見ました。今回の話とは全然関係ないのですが、私と田辺さんは以前、

「ちくわが好きな人は多いけど、ちくわが一番好きだと言う人に会ったことないよね」

と、言う話で盛り上がっており、まさかこんなに身近にいるとは知りませんでした。田辺さんは神妙な顔をしてあんりちゃんの発言を聞いていました。そんなことは知らないあんりちゃんは楽しそうにうどんの話を続けます。

あんりちゃん「出汁がとにかく美味しいんです! 優しくて少し甘いような感じで……あの出汁をまた飲みたい……」
田辺さん「うどんも絶妙なコシなのよ。コシが好きになるコシ!」
私「出汁もコシも気になる! 話聞いてたらうどん食べたくなってきた……」
はるちゃん「うどんもボリューム抜群なんですけど、おでんも食べちゃいました!」
私「おでんもあるの?」
はるちゃん「おでんも出汁が効いていて超美味しかったです! おでんコーナーがあって、セルフサービスです! どれも魅力的で迷ったけど大根とこんにゃくを食べました!」
あんりちゃん「うどんも美味しいし、おでんも最高。胃袋の限界が本当に悔しくなります。うどん目的でまた香川に行きたいです」
田辺さん「わかる! 渡辺さんのもまた食べたいし、他のうどんも食べてみたい!」
はるちゃん「ぼる塾で香川うどん旅したい!」

やはり、香川のうどんは旅行理由をうどんにする力を持っているようでした。香川のうどん! 今度は自分で食べてエッセイを書きたいです!
食欲に負けてちくわ天の写真を取り忘れてしまったのですが、はるちゃんが「アスパラの天ぷらも絶品だったよ」とアスパラの天ぷらの写真を送ってくれました

■ 余談


あんりちゃん「うどんの美味しさには関係ないんですけど、聞いてくれますか? 私、テーブルにあった胡麻をうどんに入れようとしたんです」
田辺さん「胡麻は大事だね~」
あんりちゃん「でもうっかりしてザーって入ってしまって! うどんが胡麻まみれに……」
私「あら!」
あんりちゃん「そのときみんなが『大丈夫?』って心配してくれて、私は『大丈夫! 私胡麻好きだから!』って恥ずかしかったのもあって言ったんです」
田辺さん「胡麻好きなら許容範囲だったわ」
あんりちゃん「そうしたらはるちゃんが、『あんりは優しいね』って言ったんです!」
はるちゃん「言ったかも!」
あんりちゃん「はるちゃん!あのとき流したけど日本語おかしいよ! 私は別に優しくないよね? 私のうどんにはるちゃんが大量の胡麻を入れちゃって、それに対して私が、『大丈夫! 私胡麻好きだから!』って言ったらそりゃ私は優しいよ! でも自分のうどんに大量の胡麻を自分で入れてんだから何にも優しくないよ!」
はるちゃん「え、なんで?」
あんりちゃん「こっちが『なんで?』だよ! 何にも優しくないでしょ! そうですよね酒寄さん!?」
私「はるちゃんは、あんりちゃんがあんりちゃん自身に対して優しいって言いたかったの?」
はるちゃん「わかんないけど多分それ!」
あんりちゃん「だとしても私は別に自分に対しても優しいつもりはない! 私はただの胡麻好きな女!」
田辺さん「あんり、はるちゃんに自分のきつねうどんのお揚げを分けていたよね? あんりは優しいよ」

面倒くさくなった田辺さんが幼なじみ同士の謎の口論を終わらせようとしました。

あんりちゃん「それははるちゃんがワカメうどんだったから……」
はるちゃん「嬉しかった! ほら、あんりは優しいよ!」
あんりちゃん「確かにそっちは優しかった! でも胡麻に関しては優しくない!」
はるちゃん「でも結果あんりは優しいじゃん!」
田辺さん「私は絶対に自分のお揚げは分けたくないから、あんりは優しいよ」
あんりちゃん「私は優しいけど優しくないの!」

あんりちゃんの「私は優しいけど優しくないの!」はぼる塾の名言になりました。


ぼる塾・酒寄希望

ぼる塾 酒寄希望(さかより のぞみ)

お笑い芸人。1988年4 月16日生まれ・B 型。東京都出身。お笑いカルテット・ぼる塾のリーダー。1児の母。著書に『酒寄さんのぼる塾日記』『酒寄さんのぼる塾生活』(ヨシモトブックス)など。

今回登場したのは……


わかめうどん

450円


きつねうどん

620円

SHOP DATA

手打うどん丸亀渡辺
〒763-0082
香川県丸亀市土器町東1-97
営業時間 11:00-17:00(売切次第終了)
定休日  木曜日
TEL/0877-24-3532

撮影・文/酒寄希望

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
5/28~6/17

日清ヘルシークリアプレゼント

  • #食

Check!