close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【一日に必要な野菜の半分】を超おいしくぺろりと食べる秘策とは!?

2017.06.01

350g」。

突然ですが、この数字が何を意味するか、わかりますか?

答えは「一日に必要な野菜の量」。

厚生労働省が健康のために推奨している野菜の目標摂取量は、一日350g以上。でも、摂取できずに不足している人が多いというのが現実です。

生野菜のサラダで食べようとすると、350gはもちろん、半分の175gでもかなりの量。いくら野菜好きでも、ちょっとキツイなーというのが正直なところ。

ところが! 野菜は、炒めたり、ゆでたり、火を通すとかさがぐんと減るうえに、ご飯や麺とあわせて「ひと皿めし」にすれば、食べやすさはけた違いにアップ!


だったら、ご飯・麺といっしょにガッツリ食べちゃうっていうのはどうでしょう!

 

野菜を炒めて、ご飯にのっけて、「野菜丼」に!

写真の「ビビンバ風そぼろ丼」で、どれくらいの野菜がとれると思いますか?

1人分191g!

つまり、ひと皿で「一日に必要な野菜の半分がとれる」んです。

 

野菜を麺といっしょにゆでて、あえて、「野菜麺」にしても!

写真の「ナポリタン風パスタ」の野菜量は……、

1人分185g!こちらももちろん、ひと皿で「一日に必要な野菜の半分がとれる」んです。

 

「野菜を食べなきゃ!」と義務的に食べるんじゃなくて、無理なく、気づいたらぺろりと食べられている、って理想的ですよね。

これから夏野菜が旬を迎える季節、野菜をどっさりガッツリ食べられる「野菜丼」と「野菜麺」、おすすめです!

 

料理/小林まさみ 撮影/寺澤太郎 文/編集部・清水祥子
(『オレンジページ』2017年6月17日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
9/7(火)~9/20(月・祝)

ブレンディ(R)の新しいラテ、ダイショーの鍋スープをプレゼント