close

レシピ検索 レシピ検索
オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

今から作って冷凍できる!『伊達巻き』レシピ【失敗しない自家製おせち】

2023.12.05

毎年、ドタバタと過ぎてしまう師走。年の瀬が近づくにつれて、家事や仕事の整理などで忙しくなっちゃいますよね。

でも、お正月は気持ちよく、心穏やかに迎えたいもの。そこで、隙間時間を使って早めに準備できる「おせち料理」をご紹介します。

おせちの定番といえば伊達巻き。実は、冷凍できるので、隙間時間に作っておくのがおすすめです!

『冷凍できる伊達巻き』のレシピ

材料(13×18cmの卵焼き器2個分)

溶き卵……6個分
はんぺん(小)……1枚(約80g)

〈下味〉
砂糖……大さじ5
しょうゆ……小さじ1/2
塩……少々
サラダ油

作り方

(1)生地を作る
ボールにはんぺんを入れ、ポリ袋をはめた手ではんぺんをつぶす。下味の材料を混ぜて加え、全体がなじむまでもみ混ぜる。溶き卵を5回に分けて加え、そのつど泡立て器で混ぜる。別のボールで受けたざるを用意し、生地を入れて、こす。
 
(2)卵焼き器で焼く
卵焼き器にサラダ油適宜を塗り、強めの中火で温める。とろ火にし、(1)の生地の1/2量を流し入れる。アルミホイルをかぶせ、こんがりとするまで10~15分蒸し焼きにする。表面が乾き、生地に弾力が出てきたら、バットをのせて卵焼き器ごとひっくり返す(やけどに注意)。生地を戻し入れ、さらに2~3分焼く。

(3)切り込みを入れ、巻きすで巻く
巻きすを広げ、(2)を焼き目を下にして、縦長に置く。包丁で横に1cm間隔に浅く切り込みを入れる。生地の手前からくるくると巻き、輪ゴムで留めて、巻きすを立てて粗熱を取る。1本目をさましているあいだに、もう1本を同様に焼き、巻きすで巻く。
 

おいしさキープの冷凍&解凍方法

1本ずつラップでぴっちりと包み、乾燥とにおいうつりを防いで。冷凍用保存袋に入れ、空気を抜くようにして口を閉じ、冷凍庫で約1か月保存できます。解凍するときは、必要分だけ凍ったまま切り、自然解凍をするか電子レンジの解凍モードを使ってください。
冷凍しても、ふんわりとした食感の秘訣は「はんぺん」。つぶして卵液に加えたら、ざるでこすとなめらかな生地になります。とろ火でゆっくりと蒸し焼きにし、やさしい口当たりに仕上げるのもポイントです。

輝くような黄金色で、お正月の食卓を華やかに彩ってくれる伊達巻き。今年は早めに準備して、年末年始の時間を有効活用しちゃいましょう!


『食べきりサイズで最後までおいしく! 最速おせち&華やかミートローフ オレンジページ 付録だけ!』より)

関連記事

【断然リーズナブル!】フライパンでできる『伊達巻き』のレシピ
断面が色鮮やか! 年末年始に作りたい『豚バラの3色ジャンボ肉巻き』のレシピ【おせちの一品にも】

料理/小林まさみ 撮影/鈴木泰介 スタイリング/渡会順子 文/singt

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
2/20~3/11

ダイショー新製品セットプレゼント

  • #食

Check!