close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

食べるだけで、勝手におなかがやせる!? 「もち麦」パワーに注目☆

2017.01.16


やせたいと思っていても、食事量を調節したり、カロリー計算をするのは大変ですよね。


「らくにやせる方法があればいいのに……」と思う人は、ぜひ「もち麦」に注目してみて!

もち麦は大麦の一種。もちもちぷちぷちした食感で、おいしく食べられるのはもちろん、注目されているのが「ダイエット効果」。


ご飯やおかずに混ぜて食べるだけで、下腹やウエストがすっきりやせてくるんです!

 

今回は、この「もち麦のやせパワー」についてご紹介しちゃいます!

「もち麦は、食物繊維が豊富な大麦のなかでも、飛びぬけて繊維量が多いんですよ」。そう語るのは、大妻女子大学の青江誠一郎先生。

なんと、食物繊維量が白米の25倍、玄米の4倍も含まれているというから、びっくりですよね。この豊富な食物繊維が、もち麦のやせパワーの秘密なんです!

 

もち麦には、β-グルカンという水溶性食物繊維が多く含まれていて、
「糖や脂肪の吸収を抑える」「便秘を解消する」「血糖値を安定させてドカ食いを予防する」といった作用があります。だから、いつもどおりの食事をしていても、脂肪がつきにくくなり、ダイエットにつながるんです

 

とくに注目されているのが、おなかやせへの効果。
食べはじめて1~2週間たつとおなかの調子が整い、1カ月たつと「ん……?もしかして、おなかがすっきりしたかも?」と気づくはず。
実際、編集部でトライしてみたところ、いちばんやせた人は、2週間で下腹がマイナス4.5cmもやせたんですよ!


そして、このもち麦を取り入るために、もっともおすすめの方法は【もち麦ご飯】にすることなんです!

 

最大限の効果を引き出すために、ちょっとだけ「食べ方」に注意してくださいね。覚えるべきポイントは、たったの3つ!

1 必ず朝食に食べる
2 昼食か夕食でもう一度食べる
3 初めは3割くらいからスタート

もち麦のダイエット効果を得るには、もち麦を1日に茶碗2杯食べるのが目安です。とくに、朝食では必ずとるよう心がけてみて。なお、食物繊維は腸の蠕動運動を促すので、急にとるとおなかがゆるくなることが。「白米7:もち麦3」の割合からはじめてみてくださいね!

撮影/高杉 純 イラスト/丹下京子 文/編集部・三上

(『オレンジページ』2017年2月2日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2/2号

最新号

2021年1月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

オレンジページメンバーズ限定

応募期間 
1/12(火)~1/25(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント