close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

ゆで汁まで絶品! 沖縄伝統の『ゆで塩豚』のレシピ

2022.08.19

ゆで塩豚
絶品『ゆで塩豚』の作り方と、ゆで汁のアレンジアイディアを画像でチェック!

今回は、現在放送中のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』の料理監修を担当する料理ユニット・オカズデザインさんに教わった、絶品『ゆで塩豚』のレシピをご紹介!

沖縄の伝統的な保存食である、『スーチカー』※を、泡盛を加えた湯で、ゆっくりとゆでた一品です。
※塩漬けにした豚肉。スーチカーとは、塩に漬ける、という意味。

そのまま食べるのはもちろん、保存しておけばすぐに使える下味つきの肉として使えて便利!。
お肉も美味ですが、そのゆで汁も最高。汁ものや雑炊に使ったり、炒めものに加えたりして◎ですよ♪

ではでは、まずは豚かたまり肉を塩に漬けて、『スーチカー』を仕込んでいきましょう!

●スーチカー(塩豚)の作り方

スーチーカー

材料(作りやすい分量)

豚バラかたまり肉(できれば皮つきのもの)※1……500g
塩(粒が細かいもの)……6g(豚肉の重さの1.2%)※2

※1 層がきれいで全体につやがあり、いい香りのものを選ぶ。
※2 すぐ使う場合はこれくらいの塩加減がおすすめ。長期保存したい場合は4〜10%とやや強めに。4%なら約1週間、10%なら約3週間、冷蔵保存が可能。

【作り方】

豚肉にフォークを刺して穴をあける。
(1)殺菌済みのまな板に豚肉を置き、脂身側にまんべんなくフォークを刺して穴をあける。

塩をすり込む
(2)塩を手で全体にすり込む、脂身側は塩が入りにくいので、多めにのせる。

(3)ラップで全体をぴったりと包み、さらにファスナー付き保存袋に入れて空気を抜き、冷蔵庫に入れる。1日経つと水分が出てくるので、ラップを変える。2日目から使える。

さあ、これでスーチカーの仕込みは完了!
お次は絶品『ゆで塩豚』を作っていきましょう!

料理/オカズデザイン(吉岡秀治・吉岡知子) 撮影/加藤新作 スタイリング/中里真理子 文/編集部・持田

関連タグでほかの記事を見る

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
09/27~10/17

【メンバーズ限定プレゼント】美しい髪と地肌のエイジングケアライン「ROOTH」!