close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【スープジャーで!】朝仕込んでほったらかし『サムゲタン』のレシピ

2021.03.09

忙しい平日のお昼は、手をかけずパパっと簡単なランチが◎。
でもでも、忙しいからこそ温かいごはんが食べたいという気持ちも……。

そんなあなたにおすすめなのが、スープジャーを使った『鶏と長いものサムゲタン風』
朝、お米とスープを入れて仕込んでおけば、スープジャーの保温機能でジワジワと加熱され、ランチ時にはポカポカのサムゲタンができあがりです!

それではどうぞごらんください。

●『鶏と長いものサムゲタン風』

材料(容量400mlのスープジャー1個分)
米……大さじ3

〈具〉
鶏ささ身……1本(約50g)
ねぎ……5cm
長いも……1cm(約30g)

〈スープ〉
しょうがの薄切り……2枚
鶏ガラスープの素(顆粒)……小さじ1/2
塩……小さじ1/4
水……1と1/2カップ

あればくこの実 5~6粒

【作り方】
(1)米は洗って水けをきる。ねぎは幅1cmの斜め切りにする。長いもは皮をむき、4~6等分のいちょう切りにする。ささ身は筋を取り、斜めに幅1cmに切る。

(2)ジャーに米を入れ、沸かしたての湯を注いで、米が少しふっくらとするまで5分ほどおく(状態が変わっていなければ一度湯を捨て、再び同様にする)。

※この工程は、ジャーを予熱する役割りがありますので、時間をしっかり守って。不十分だと米が堅いまま仕上がることもあります。

(3)鍋に具とスープの材料を入れて中火にかける。しっかりと煮立ったらアクを取って弱めの中火にし、2分ほど煮る。(2)をざるに上げて湯を捨て、米を戻し入れて具を加える。規定の位置までスープを注いで、あればくこの実を入れ、ふたをして2時間以上おく。

※ジャーの規定の水位は必ず守って。水位を超えると中身がこぼれ、やけどの危険も。また、保温調理で仕上がているため、保温の時間もしっかり守って。


う~ん、鶏のだしがきいたやさしいスープが五臓六腑に染み渡る……。
滋味深いスープを吸いながら、ジワジワと加熱されたお米もまた絶品です。

ねぎやしょうがの効果で体がポカポカあたたまって、ほっとすな~。
食べ終わるころには、心も体も充電完了! これで午後もがんばれちゃいますよ!

お弁当や、在宅ワークのランチにもおすすめ!
『鶏と長いものサムゲタン風』、ぜひ作ってみてくださいね。

(『オレンジページ』2021年3月17日号より)

料理/井原裕子 撮影/髙杉 純 スタイリング/久保田加奈子 文/編集部・持田

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
6/15(火)~6/28(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 健康
  • カルチャー
  • 美容
  • 暮らし