close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

【編集Fのテキトーつまみ】ふわふわエアリ~♪ さばチーディップ

2019.11.15

家飲み好き、ビール好きの編集担当Fです。

ここんとこの「さば缶」人気、すごいですよねー。一時期はスーパーで品薄になるほどだったけど、だいぶ落ち着いて、じわじわと種類が増えてきた気がします。

魚より肉、肉より揚げもの!をつねづね心に置いている私ですが、缶詰ならば話は別(笑)。さば缶はツナよりもごろんとかたまりの状態で入っていて、食べごたえ満点ですよね♪ 私がおつまみに使うのはもっぱら水煮缶ですが、大きめに割って、どっさりのさらし玉ねぎとあえるだけでもリッパな一品に。わさびとか、ゆずこしょうとかをちょっと混ぜたポン酢をかけるのが好き。どうしても、青魚特有のくせがあるので、あまりやさしい味つけにせず、意識してアクセントをつけたほうがおいしい気がします。

もうひとつ。「さば缶ディップ」も個人的に大好きですが、こないだ作っていたら「わわ!」と思った発見が。

これなんです↓↓↓



こう見ると、「まー普通にさば缶のディップだよね」って感じですが、パンに塗ってみると……



ふわっふわにできたんです。めっちゃエアリ~に!……と言いつつ、あぁ、もどかしい。この写真で伝わっているのだろーか? 不安を抱えつつ、いつものざっくりレシピを。


ふわふわエアリ~♪ さばチーディップ(テキトーレシピ)

1
さば水煮缶の汁をきり、身を【泡立て器で】よくつぶす。

2
クリームチーズ、刻み玉ねぎ、牛乳を混ぜる。

3
器に盛り、粗びき黒こしょうをふる。レモンを添える。



いつもは、ボールにさば缶を入れたら、なんの気なしにフォークでざくざくくずしていました。骨まで柔らかいので、それでもある程度細かくなりますが、ふと思いついて、泡立て器でつぶしてみたんです。



上からトントンとたたいていたら、身が均一に細かくなって、空気が入ったみたいにふわふわに♪♪ ここに、室温にもどしたクリームチーズ(個包装のもの)3かけを加え、ゴムべらでチーズを押さえつけながら混ぜます。均一に混ざったら、玉ねぎのみじん切り大さじ1、牛乳大さじ1を加えてさらに混ぜ、完成!

ちなみに、今回使ったさば缶は、内容量190gのもの1缶。スーパーで180円程度でした。このブームにのって、高級なもの、塩分無添加のタイプ、オイル漬けなどいろんなタイプを見かけますね~。もし塩分無添加なら、すべて混ぜ終えてから味をみて、必要なら塩を。また、このディップに関しては、あんまり脂がのりすぎてないほうが【ふわふわエアリ~】になりやすいみたい。ぐっとこらえて、ごくフツーのやつをお求めください(笑)。

さばディップは手軽にマヨネーズで作るレシピもあるし、さっぱり派はプレーンヨーグルトをベースにするのもアリ。でも、私としては、クリームチーズのどっしりしたこくが、さばとベストマッチな気がします。
そして、刻み玉ねぎは、たった大さじ1だけどかかせないアイテム! シャリッと歯ざわりがいいし、さばのくせもやわらぎます。はじめはそのまま、途中からレモンを絞りながら食べていくのがおすすめ。どんどん後味がさっぱりして、最後まで飽きずに食べられるのです~。


あ、あと、もうひとつ。小さなこだわりとしては「パン」。今回は、サンドイッチ用の薄い食パンを、予熱したトースターでガリッと焼きました。パンを香ばしくしっかり焼いておいたほうが、さば缶のふわふわ感が引き立つ気がします。バゲットでももちろんいいですが、「薄めスライスでよく焼く」がおすすめですっ。

そして最後に。。。気の毒なほどぺちゃんこのチーズ。室温に出しておいたら、指でかるく押してみて、ここまでへこんだら柔らかくなった証拠。それにしても、これなんか気持ちいいわぁー。100個くらいやってみたいです(笑)。

【編集Fのテキトーつまみ】
作り方も分量も「テキトー」でOKの超カンタンなおつまみをご紹介してまいります。不定期でゆるっと更新中♪

撮影・文/編集部・藤井裕子

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
11/30(火)~12/13(月)

あったかおでんや、おしゃれなスマートウォッチが当たる!