close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

新事実! 大そうじは夏だとラクだった

2014.08.11

うんざりするほど暑い日が続きますが、暑い暑いとぐったりするだけでなく、この暑さを利用して家中をピカピカにしてみませんか? 大そうじといえば年末の恒例行事、という考え方はもう古い! 最近注目されているのが「夏の大そうじ」です。

夏に大そうじをするいちばんのメリットは高い気温を利用できること。暑さで汚れがゆるむため落ちやすくなっているのです。さらに暑いから水を使うのが気持ちよく乾きも早い。そうじには好都合な条件が揃っています……が、汗をダラダラかきながら掃除するなんてイヤですよね~。そこでおすすめなのが「ほったらかし」掃除法。つけ置きや湿布などを駆使し、時間をおくことで洗剤を浸透させてラクに汚れを落とす方法です。

キッチンまわりの、換気扇のフィルターやガスレンジの五徳、魚焼きグリルの排気口カバーなど、頑固な油汚れをほったらかしで一気にきれいにする方法をご紹介しますね!各パーツに油汚れ用洗剤を吹きつけて、ゴミ袋(あれば黒いもの)をセットした段ボールに入れます。最後に洗剤が乾かないよう霧吹きで全体に水をかけ、袋を結んだら……



大胆にも段ボールを日の当たる場所に移動! 
こうすると太陽の熱で汚れがゆるんで、らく~に汚れが落ちるんです。1~2時間ほったらかした後、各パーツを古歯ブラシなどで磨いて、水洗いすればOK。力を入れてこすらなくても油汚れがきれいになります

失敗なく行うために、さらに以下の点に気をつけてみてください♪
・ゴミ袋は、あれば日光に当てたとき温度が上がりやすい黒いものがおすすめ
・ゴミ袋がやぶれると油汚れが漏れてしまうので、2重にするとベター
・ほったらかし中に洗剤が乾かないよう、霧吹きで全体に水をかけるのをお忘れなく! 袋の中で蒸すように汚れを落とすのがポイントです
・洗剤が乾ききってしまうとNGなので、ほったらかしすぎないように注意して

『オレンジページ 8/17号』

『オレンジページ 8/17号』では、「夏こそラクラク☆大そうじ」として、キッチンやバスルーム、洗面所、窓まわりなどの「ほったらかし」掃除技をご紹介しています! 連日の猛暑もそうじに役立つと思えばちょっと得した気分になれるかも? 夏の大そうじを快適に成功させるコツ満載です、ぜひじっくりご覧ください☆

■オレンジページ(8/17号)>>

 

 

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
9/7(火)~9/20(月・祝)

ブレンディ(R)の新しいラテ、ダイショーの鍋スープをプレゼント