close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

オレンジページ☆デイリー

オレンジページ☆デイリー 気になるTopicsを毎日お届け!!

ふわふわ絶品つくねが、「袋ひとつ」でできた! 

2017.11.01

子どもも大人も大好きな、人気おかずに名を連ねる「つくね」。
登場頻度は増やしたいけれど、肉だねを練って成形するのはなかなか大変……。そこで! らく~につくねができちゃう「袋ひとつ」の簡単手法をお届けします。まず、ポリ袋を用意。ひき肉、しょうがのすりおろし、片栗粉、酒、塩を投入します! 袋の上からもんで、全体が混ざればOK。たいして力もいりません。次に、細切りにしたキャベツの葉を加えて、さらにもみ混ぜます。キャベツの葉を入れる理由は、肉だねが堅くなるのを防ぐため。キャベツのように、「ほどよく水分のある野菜」を加えることで、肉だねがふんわり絶品に仕上がるんです。

さてここまで、袋ひとつ、手も汚さずできた肉だね。
焼くときは、袋の一方の角を切って、フライパンに直接絞り出すだけ! 成形する面倒はほぼなし。このまま焼いて調味すれば完成です。

この手法なら、朝ちゃちゃっと肉だねをもみ混ぜておけば、夜は焼くだけでOK。袋のまま冷蔵庫で最大2日まで保存できるので、忙しい日でも人気おかずを食卓に並べられますよ!

料理/小林まさみ、撮影/高杉 純、文/編集部・稲垣
(『オレンジページ』2017年11月17日号より)

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS


RECIPE RANKING 人気のレシピ